MENUCLOSE

ARTICLES記事

デザインの視点
海外・新興国
2013年1月18日

ブラジルのヘルシーフード事情 : 食のリサーチ・サンパウロ&リオ編

ややアッパーな中間層といわれる中で、結構、話題になっているのがヘルシーフード。
(ブラジルの中間層は、年間可処分所得が5,000~35,000ドルと言われている。)

ブラジルでも、農水省とINMETROが有機食品の認証制度を管理・運営しているが、街中のオーガニック、ヘルシーフードは言葉の概念、定義は今だ曖昧であり、だからこそ、BRICsの中でも一際、この分野のマーケットが一つのブームとして盛り上がっている。

下記の写真を見ていただきたい。
かなりおしゃれな人たちが、野菜を中心としたビュッフェ形式の食事を楽しんでいる。

ブラジルのヘルシーフード事情 : 食のリサーチ・サンパウロ&リオ編
カジュアルで気の利いたインテリアでオーガニックフードを楽しむパウリスタ。

場所は、サンパウロ市内の東京の代官山みたいなところなので老若男女、皆自らのファッションスタイルをも誇示しているかのようだ。
「食」が見事に「ライフスタイルの中に組みこまれている」感。
もちろん、カラダのボリューム感は、ヘルシー志向の方々とはいえ、たっぷりとした量感あり。

ブラジルのヘルシーフード事情 : 食のリサーチ・サンパウロ&リオ編
ダル豆と玄米、そしてオーガニック野菜の最初のプレート。

ブラジルのヘルシーフード事情 : 食のリサーチ・サンパウロ&リオ編
レストラン名「Banana Verde」とは緑のバナナの意。

次は、中心街セントロ。
ランチは付近のビジネスマン、ウーマンで満杯になる。バイキングスタイルで
メニュー数はなんと80皿を超える。
ブラジルは野菜も果物も豊富なので、圧巻だ!

ブラジルのヘルシーフード事情 : 食のリサーチ・サンパウロ&リオ編
ヘルシーとは云い難い、もの凄い量のビュッフェ。5~6回の”おかわり”は普通。

とはいえ、皆食べる、食べる・・・・いくらヘルシーだからといっても実は肉が無いだけで、チーズもふんだんに使い、なんとデザートの種類も豊富で取り放題。
たまたま座った隣の客は6回もお皿を取り替えた!
こうなると、どこがヘルシーなのか、だんだんと疑問に思えても来る。
こちらもお客さんは、かなり太め。肉を食べない~事で安心している感じ。

話は飛ぶが、
此処ブラジルでは、スキニーであることは、なんの魅力もない。骨も筋肉も脂肪もちゃ~んと付いていて「身も心も逞しい」事が、女性の「美の基本」らしい。
とくに「おしりの膨らみ」は必須。
ここにシリコンを入れるのも、変わらず流行っているのだとか。なので健康志向ではあるが、ダイエットをしたい人は少ないんだそう。微妙。

(インドもそうだったが、1994年にミス・ワールドとミス・ユニバースがインドから相次いで選ばれたことで、一転。太っていることは美人の条件ではなくなった。)
ブラジルの未来の女性の美的な基準は如何に変化するのだろう。

最後にリオの市内セントロで見つけたオーガニックレストラン。お弁当箱に入った、正真正銘の有機野菜と酵母パン。ワインも有機ワインを多数揃えている。味もなかなか洗練された味。

ブラジルのヘルシーフード事情 : 食のリサーチ・サンパウロ&リオ編
昼時なので、ぼちぼちとお客さんが入ってきた。サーブされたブラジル人カップルのテーブルを覗くとなんと2人で3人分をオーダーしていた。

ブラジルのヘルシーフード事情 : 食のリサーチ・サンパウロ&リオ編
ブラジルのヘルシーフード事情 : 食のリサーチ・サンパウロ&リオ編
緑の木のトレーに白い皿でサービス。全て有機農法で作った食材。有機ワインも豊富。

ブラジルでは、ヘルシーといっても「腹八分目」という言葉はなくて、
たくさ~ん食べるのが基本なんですね。

 

T/——————————————————-
文責:湯浅保有美
トリニティ株式会社 CEO 代表取締役社長
エイチタス株式会社 取締役 / デザインプロデューサー
ソーシャルケア デザイン
– ソーシャルプロデューサー
– グラフィックファシリテーター
– LEGO® SERIOUS PLAY® メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテータ
RobiZy 正会員(特定非営利活動法人ロボットビジネス支援機構)
一般社団法人日本知財学会 正会員

PAGE TOP