MENUCLOSE

NEWSお知らせ

2017年10月27日

看不见的设计 – 听觉的世界 見えないデザイン_聴覚の世界

东京连续下了一个多星期的大雨, 不巧10月19日这一天却下的最大。

但是在这暴风雨中,我们仍然在永田町的Tiny Peace Kitchen举办了今年Topics的第四次活动,

主题为“知觉与设计—听觉” 。

 

一週間東京に大雨が降り続けたなか、10月19日この日もまた大雨でした。

そんな中で、2017年Topicsの第四回目の夜会を永田町にあるシェアスペースGRID内の

「Tiny Peace Kitchen」にて行わせていただきました。

 

今回のテーマは:「知覚×デザイン_聴覚」。

 

 

photo1

这一次,我们请到了日本听觉设计界里的大匠井出祐昭先生作为这一主题的演讲者。

虽然今年的每一次我们请的演讲师都是在非常特殊的设计领域中领先的人们,

但是井出祐昭先生给我们展现的又是截然不同 、大开眼界的崭新信息。

 

この会では、日本の音響設計業界の「匠」、井出祐昭様をお招きし、

とても興味深いお話をして頂きました。

毎回Topicsにご参加頂いているトークゲストの方はどなたもユニークで面白いお仕事をしており、

もちろん井出祐昭様のお話も、全て非常に新鮮で視野を広げてくれるような内容でした。

 

photo2

 

比如,

井出首先一开场就给我们出了两个有意思的题目:你们认为这是什么声音?

当第一个题目响出后, 很多人还是听出有水的声音,

却没人能够想象得到那是木头在吸水的声音。

第二个题目响出后, 我们更没有办法判断那是什么声音, 有些人认为是飞机滑行的声音, 有的人认为是婴儿在母胎里的声音,结果答案是独角仙在吃哈密瓜的声音…

这时候大家才意识到, 原来我们人类听不到的声音有这么多, 而且我们认为没有声音的事物其实都是有丰富的声音的。

 

たとえば、

講演の初めにまず2問のクイズがありました:何の音だと思いますか?

一問目のクイズに対し、多くの参加者は「水が流れている音」に似ていると答えましたが、

正解は、「木が水を吸っている音」でした。

また2問目に対し、「飛行機の音」と答える人もいれば、「赤ちゃんを妊娠している母親」と答える人もいましたが、

答えはなんと、「カブトムシがメロンを食べているときの音」でした。

この時、そこにいる全員は「世界には人間が聞こえない音が山ほどあり、

音なんてしないと思っていた物事も、実際はちゃんと音が鳴っている」ことに気づきました。

 

photo3

 

photo4

后面我们学习到井出先生在视觉的可听化和声音的可视化做出了一些新的研究和贡献。

尤其, 在建筑和医疗方面, 运用了“细胞凋亡(apoptosis)”和“发音(sonification)” 等技术设计了一些特殊的器材,

从而达到能调节人们的心情、和谐周围环境氛围的效果。

就这一点, 以后也能很大程度的改变我们对声音的认识(定义和作用), 和在设计上的运用。

 

その後、井出様がモノの「可聴化」と音の「可視化」に関する研究をしていることも知り、

建築業界や医療業界でもよく「ソニフィケーション」や「アポトーシス」から、

人々に安らぎを与える機材や空間の設計をしていることもわかりました。

まだ、音を使ったデザインをここまでやられている方はおられないようですが、

これからはきっとポジティブな方向に進んでいくでしょう。

この会に参加されている方々も、すでに「音」への意識&認識も変わっているようでしたから。

 

photo5

 

井出先生的演讲结束后, 大家带着才接受的新信息, 在暖意自由的空间里进行了小组讨论。

从各组最后发表的构想内容,就可以判断出,井出先生的演讲给大家的启发和刺激非常大。

我们相信这一次的“晚会”给各界设计师们又带来了新的视野和启迪, 和影响他们平时的设计思维。

 

井出様のご講演が終わり、温かくゆったりとした空間の中、

刺激を受けた余韻が残るまま、参加者がグループに分かれ、「音で実現できる〇〇」に関して討論をしました。

その結果発表で、デザイナーの方々は井出様のお話から沢山のインスピレーションを受けていることが

うかがえました。

これらの気づきが今後デザイナーの方々の日々のデザインワークでも活かされることを願います。

 

photo6 photo7 photo8

 

作为组织Topics晚会的我们, 也已经迫不及待地举两个月后的下一场会了!

我们随时非常欢迎大家来关注我们的Topics, 并参加2018年的Topics晚会!

 

私達はTopicsの運営側ですが、

もう次の夜会が楽しみです!

もし我々のTopicsにご興味がある方/企業様がいらっしゃいましたら、

是非2018年のTopicsにご参加ください。

いつでもご連絡お待ちしております。

photo9

 

作者:白滨美佳

摄影:冈村贵启、小林亘

(文責:白濱美佳  写真:岡村&小林)

2017年10月23日

来るべき10周年に向けて…TOPICS“感謝祭”開催!

去る9月29日、トリニティ・新オフィスのお披露目を兼ねる形で、「異業種交流勉強会TOPICS」初の“感謝祭”を開催しました!

 

トリニティのサイト上でも度々ご報告しているこの「TOPICS」。元々は最新のデザイントレンド・プレゼンテーション(TOPICS)を業種・企業の垣根を越えて複数社で共有すると共に、企業同士の交流を深めることを目的にはじまった“TOPICS”勉強会。

これまでたくさんの皆様から応援・ご協力を頂いたおかげもあり、遂に来年で10周年を迎えます。

その感謝の意と、これからのトリニティの決意表明の場として、今回の“感謝祭”を企画するに至りました。

当日は皆さまご多忙な中お集まり頂き、最低限に抑えた照明と、映像・音楽の演出で平素のTOPICS勉強会以上に“夜会”的な雰囲気の空間の中、この10年の思い出話に大いに花を咲かせました。

 

中盤、トリニティメンバーからあらためてお越し頂いた皆さまにご挨拶させて頂くと共に、写真でこれまでのTOPICSの足跡を振り返りました。

これに続いては、皆さまへのトリニティからの“ご提案”タイムとさせて頂きました。

近年では”知”の交流を目的とする異業種交流勉強会、という位置づけであった「TOPICS」を更に一歩進めていきたい。

そういった意図から、

「クリエイティブ組織の底上げに繋がる場」+「具体的なアクションに繋がる生きたアライアンス」としてTOPICSをより一層ご活用頂く、という提案をさせて頂きました。

 

  • トリニティオフィスを毎月開放し、各企業様のコミュニケーション頻度を上げ、スピンオフ企画を数多く輩出できるようトリニティがサポート。
  • 製造業中心だったこれまでの参加対象を、幅広く日本のもの作り企業に参加いただき化学反応が起こりやすい場になるように、業種の幅を拡大していく。
  • 2020年に向け各企業の新規事業部門などのサテライトオフィスのようなリアルな場の設置を行い、新規ビジネスのトライアルがしやすい環境を作る。

 

多くのご参加者様からのご賛同や、その実現へ向けての障害、そしてトリニティが今まで以上に果たさなくてはならない役割について助言を頂きました。

この場をお借りして皆さまにあらためて御礼を申し上げます。

本当に、ありがとうございます。

他にも各企業様からのご提案として参加企業各社の若手デザイナーチームによるデザイン展への合同出展や、各企業様のデザイナーが個人デザイナーとして活躍していける場の創造、同業種の企業同士での交流の場、など我々もわくわくするようなご提案を多く頂きました。

 

まだまだ話足りない、飲み足りない!といった中でのお開きとなってしまいましたが、今回のような懇親会形式での交流会も定期的に開催していきたいと思っています。

そのための弊社オフィスの開放はいつでも大歓迎です!

 

また、当日は悪天候であったため、植栽が自慢の屋外テラスの利用が叶いませんでしたが、次回皆さまにお越し頂ける際には、より開放的な空間で交流できればと思います!

 

2018年の来るべき10周年に向けてさらに加速する異業種交流勉強会“TOPICS”。

ご興味がおありの企業様は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ご連絡をお待ちしております。

_mg_5304re _mg_5333re _mg_5396re blog1 blog2 blog3

(文責&写真:岡村&米山)

お問い合わせ:TOPICS事務局(岡村、白濱)

http://trinitydesign.jp/contact/

 

2017年10月3日

車両サプライヤー 合同勉強会「SSD活動」の最新報告!

トリニティでは3年前から、複数のサプライヤーのデザイン組織と共に、系列を超えた合同勉強会を展開している。これは業界初の試みと言える。

なぜならクロスインダストリーが加速される今、自動車業界に於いても、自動運転やEV車両の促進等々により、ここ数年でめまぐるしく変化する技術と顧客&エンドユーザー価値観、そして法改正の中にあって、バリューチェーンの中での新しい「立ち位置」を早急に築かなくてはならないからだ。

image001
*参加企業メンバーをシャッフルした、若手ワークショップのグループワークのシーン

サプライヤーは、従来の系列や独自技術の枠を飛び越えて、B2Bビジネスの中で何を客先に提供していくか~を主体的に考え、提案していく時代に入っている。

それを叶えるには、B2Bビジネスだからこそ、客先の未来&戦略シナリオと同次元の「業界の情報を知り」「自社製品の開発に活かし」「客先に提案する」こと、そして何より、それを実現できる人材やしくみを育てることが急務なのだ。

image003
*日常業務では、担当する製品の部分だけでソリューションを考えてしまう。若手ワークショップでは、想定顧客や使用シーンなども視野にいれたアイデーションの練習も

この合同勉強会、SSD活動(Super supplier by Design)はここに着目し、Tier 1、2とクルマデザインソサエティをつなぎ、参加者合同で、これから必要となる人材開発、ネットワーク醸成を推進していこうと考えており、それに賛同したサプライヤー5社が一丸となって活動をしている。

image005
*系列を超えた5社が参加しての合同勉強会秋の部。オープニングのシーン

■ファッションセレクトショップの老舗「SHIPS 辣腕MDが語る、これからのライフスタイル」

ここ数年、市場ではSUV、クロスオーバーという車型が増えている。SUVとはsports utility vehicleの略称でスポーツ用多目的車を指す。市街地だけでなく、長距離や悪路での走行性が高いため、アウトドアを楽しむには最適である。
プレミアムブランドを見渡しても、英国勢のジャガー、ベントレー、イタリア勢のマセラティ、アルファロメオは既にSUV市場に参入、ランボルギーニも2018年にはSUV市場に参入する予定となっている。勿論、国産メーカーも例外ではない。

%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%9e%ef%bc%93%e5%8f%b0
*この秋のフランクフルト・モーターショーから

なぜ、SUVなのか。
サプライヤーとしても、今後クルマメーカーが一層SUVの生産台数を増やしていくのか、それとも早々に飽和状態となり、次はセダンやスポーツカーに行くのか~その動向は気になるところ。
そもそも、クリエイティブを担う私たちは、エンドユーザーの価値観やライフスタイルが
どこに向かっているのか~を掴むことは、もっと大切である。

そこで、トリニティでは、老舗ファッションセレクトショップのSHIPSで過去にスポーツブランドとのコラボを次々ヒットさせてきた、辣腕MDの篠原渉氏を口説き、ファッションビジネスからみた、今のユーザーのライフスタイル、つまりライフスタイルがいかにスポーティ、カジュアルになっているか、について語ってもらった。
彼は、あのミズノクリエーションも手掛け成功を収めている。

image013

篠原氏曰く、「私たちは皆、日常の中の非日常を求めていると思います。それも、手軽に、スマートに。」当面は、引き続き、心地よさ、カジュアル、スポーティブ、抜け感が求められるのではないでしょうか。
一方で、たとえトレンドが変化しても、昔と同じスタイルがそのまま戻るのではなく、
一度味わった心地よさ、快適さ…は、ユーザーはもう譲れないわけですから、ファッションはその機能を取り込みながらどんどん進化していく。特に素材の機能はキーファクターです。」

たしかに、篠原氏の分析どおり、私たちはITの進化&深化により「気分や情報を瞬時に切り替えて、複数の世界感や価値観、ソサエティに部分的に所属」し、それを自ら編集するかのような日々を送っている。
日常と非日常も、気分で瞬時に、スマートに切り替えたい。
日常の中に、非日常をどう取り込むか。非日常の中でもスマートで手軽な感覚はあってほしい。そんなライフスタイルの中に、SUVは存在するのかもしれない。
・・・であれば、このSUVブームのもう少し続くのだろうか。

image015

最後に、登壇した篠原氏からは、
「異業種の方々とのディスカッションは、非常に有意義なものでした。特に印象に残っているのが「車業界もファッション業界もお客様は一人」なんだという事です。
インダストリーの領域で分けられるものではない。
そして、トレンドとマインド(気分)は密接に絡み合い、最新のテクノロジーとMIXして新たな商品を消費者は求めることを、今回の参加者の皆様と過ごして再認識しました。」との感想が。
「何より、SSD参加企業の部長クラスの方は、SHIPSに憧れて青年期をすごした方も多く、SHIPSの前身ミウラ&サンズからのコアなファンもいらっしゃり、SHIPSの航海は続いていると実感しました!将来的にSHIPSとクルマを含めたライフスタイルのコラボも面白いかな~とビジネスの可能性も広がりました。」との、心がシンクロする想いも語って頂けました。

image017

■次回は、東京モーターショーにタイミングあわせてのイベントの実施!

今年度最後のプログラム、SSD活動の締めくくりは、10月27日(金)の東京モーターショーの特別招待日。
この日の午後を使って、東京モーターショーや今年の海外のモータ―ショーに見られる「クルマのインテリアトレンド」のセミナーと、クルマメーカーの複数デザイナーによる「サプライヤーに求めること&期待値」(仮称)をテーマにしたクロストークが行われる。
そして、終了後には、密な懇親会が予定される。

今年の東京MSはじめ、どうクルマのインテリアトレンドを読み説き、それをそれぞれの
自社の戦略に昇華できるか・・・。
これからも修行の日々である。

日本のサプライヤーのバリューを上げることは、世界のクルマ産業での日本のプレゼンスを上げる最短距離だと信じて、私達トリニティはこの活動を続けます。

————————————————————————————
2017 SSD スピンアウト企画 ”東京モーターショーから未来を語る”

実施日:2017年10月27日(金)13:00~20:30(想定)
場所:東京都品川駅周辺 貸し会議室&パーティールーム
当日のプログラム(想定)
前半:セミナー
「クルマのインテリアのトレンド~東京MS速報と、最近の国際MSから」
*モータージャーナリスト 古庄速人氏 によるプレゼンテーション
後半:クロストーク
「今、サプライヤーに求めること&期待すること」
*2社の自動車メーカーのインテリア担当デザイナーによる対談を予定

問い合わせ先:
トリニティ株式会社 SSD事務局 担当:白濱
お問い合わせはこちらから
http://trinitydesign.jp/contact/general/

PAGE TOP