MENUCLOSE

NEWSお知らせ

2017年5月29日

CES ×TRINITY 出張セミナーのご案内 ~最新テクノロジーから読み解く次世代の価値観・ライフスタイル~

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%890

近年注目を集めるCESの大規模な展示内容から、最新テクノロジーのその先にある次世代の価値観・ライフスタイルをトリニティならではの視点で考察。
製品開発の実務に役立つ内容です。
<特徴>

1. 膨大な展示を横断的・俯瞰的に網羅して取り上げ、個々の展示やトピックの紹介にとどまらず、テクノロジーの先に見える“新たな価値観・ライフスタイル”を読み解き、提示。通常の視察業務だけでは掴むことが難しい、未来の予兆を確実に掴むことができます。

2. また、紙面は豊富なビジュアルで見所をわかりやすく解説。最新テクノロジーの動向と合わせて、製品開発の実務に活用できるレポートです。

3. レポートメンバーは3名のリサーチャーで構成。デザイントレンドに精通するメンバー、UI・UXのプロフェッショナルのメンバーに加えて、現地のテクノロジーリサーチャーへのインタビューも加えてレポーティング。

製品開発やデザインの現場では、来るべき未来における価値観・ライフスタイルの動向を予測することが欠かせませんが、その一方でテクノロジーへの精通なくして新たな時代を想像することは難しくなってきました。

毎年1月、ネバダ州ラスベガスで開催される国際家電見本市である、CES(Consumer Electronics Show)。
近年ではConsumer Electronics=家電という枠組みを超え、スマートホーム、モバイル、自動車(コネクテッドカー)、3Dプリンタ、ドローン、VR等、最新のテクノロジーによる様々なデバイスが展示されるようになっています。
このCESを、従来的な視点だけでなく網羅的な視点も加えてレポーティングすることで、既に現地を視察された方にも新たな気づきをプラス。
視察の総仕上げにこそご活用頂きたい、トリニティ・オリジナルのセミナーです。

<概要>
出張セミナー
(レポートのプレゼン+質疑応答、計1時間想定)

<主な内容>
1.TRINITY  Research Analysis
・開催概要
・トレンド情報
~トレンドを読み解くキーワード
2.CES 2017  Highlights
・カンファレンス
・自動車関連
・スマートホーム&家電
・ヘルスケア&ウェアラブル

納品物:レポート(製本1部、及びPDFファイルを収納したCD-R)
費用:30万円(交通費、消費税別途)
本セミナーのお問い合わせ先:トリニティ・エンパワーメント事務局
担当:岡村

お問い合わせフォームはこちらから
http://trinitydesign.jp/contact/general/
(CES出張セミナーの件、などとご記入ください)
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%897   %e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%894

2017年5月29日

渋谷キャスト・オープニングイベント ~共創は新たなるステージへ~

_mg_9517re去る4/29日、渋谷で新たな商業施設がオープンした。その名も「渋谷キャスト(SHIBUYA CAST.)」オープン2日目のイベントに参加してきたので、ここに簡単に報告をしたいと思う。

大型連休の初日は温暖な快晴から一点、夕方にもなると気温もぐっと下がり、突風吹き荒れる中でのイベントとなった。

冒頭、国内・海外を問わずコワーキングスペースにおける草分け的存在であり、今回の渋谷キャスト誕生の中心的役割を担った、シェアオフィスco-lab運営の春蒔プロジェクト代表の田中氏の挨拶からイベントは始まった。
この渋谷キャストにも、co-lab SHIBUYA CAST.として入居している。

渋谷キャストは実に6年間の歳月をかけてできた、共創プロセスによる特殊な成り立ちによって誕生した商業施設であり、この日のイベントに登壇したクリエイター達は、いずれもその中核をなすメンバーであるということだった。

その面々には、ノイズアーキテクツ豊田氏やライゾマティクス齋藤氏をはじめ、かつてプロジェクトでご一緒してトリニティとも馴染みのある、錚々たる顔ぶれが並んでいた。

_mg_9575

ここで簡単に渋谷キャストの構成に触れておくと、住居・オフィス・商業店舗の3つで構成されたビルとなっている。まず上層階には80戸の賃貸住宅、その下がオフィス階、さらにその下にコワーキングスペースのco-lab 渋谷キャストが入居、そしてその他商業店舗が入るという構成だ。

渋谷キャストの特筆すべき点としては、施設デザインをはじめビルの成り立ち全般に渡り、共創プロセスによる“集合知”を用いた、ということだそうだ。

名称の由来にもなっている”キャスト”の意味は「配役」だが、このビルの建設に関わった多くの人たちやクリエイター、そして正面のキャットストリートを行き交う人々がこの空間で輝く登場人物となるように、という思いが込められているという。

また、“キャット”ストリートの入口に面していることもネーミングには含まれているそうだ。

この敷地には、元々都営住宅が立っていた。その再開発にあたり、東京都は70年定期借地のコンペを実施した。このコンペに際し、名乗りを挙げたのが東急不動産だった。今回の施設設計を従来とは異なるプロセスで進めたい、と考えた彼らがプロジェクトの最初期に声をかけたのが、前述のシェアオフィス、co-labを都内に多数展開する春蒔プロジェクト株式会社だった。既に各所のco-labにて“場”と“クリエイター”を繋いできた実績を持つ春蒔プロジェクトが参画したことで、“大型複合施設を共創でつくる”新たな試みは一気に加速することになる。これまでに彼らが培ってきたネットワークを駆使して、新しい時代の渋谷の街づくりに相応しいクリエイターたちが続々とキャスティングされていった。また、大手設計会社の日本設計もプロジェクトの中核に加わって、大型複合施設の開発としては前代未聞の特殊なプロジェクトチームが結成されていったという。

春蒔プロジェクトは、以降も入居するシェアオフィスのco-lab渋谷キャストだけに留まらず、施設全般の企画・運営として多彩な“キャスト”達の中心的役割を担うこととなった。

個性ある人々が集まり、コラボレーションによってこの場所を作って行きたいという思いのもと、皆で意見をまとめながらプロセスを進めていくその様子は、さながら“1本の映画のよう”だったという。これまでの大型建築はあるひとりの象徴的な建築家が作り上げるものだったが、今回は文字通り、様々な“キャスト”が参加して作りあげた。それも、この規模で実現できたことが大きいのだという。

これはデベロッパーや設計会社にとって、かなり特殊な体験だったという。

そんな思いから、今回のオープニングイベントも、大勢のキャストが集う映画の新作発表会をイメージしたという。登壇者の足元には、このために敷かれたレッドカーペットが垣間見えた。

渋谷キャストという空間が目指したものは、元々都営住宅であったというバックグラウンドも考慮して、多様な居住のあり方を実現することと、この場所を起点とした街づくり。大きな広場を設けて、新しいものに出会ったり、くつろいだりすることができる、歩いて楽しい街の基点となること。

そして創造性を刺激する、クリエイティブな空間であること。人が実際に集まってクリエイティブをできる場所、新しい気づきがある場所。コラボレーションを誘発し、新しいものを生み出していくという“共創の仕掛け”については、計画段階からかなり意識的にとりいれたということだ。

そのコンセプトの興味深さもさることながら、関わったクリエイター達の話も大変、面白かったのでここにさわりを紹介する。

当日のイベントには登壇されなかったが、CMFデザインには玉井美由紀氏が携わっている。

玉井氏も、かつてCMFという概念が国内で今ほど認知されていなかった時代に、トリニティのパートナーとして共にプロジェクトに携わって頂いた、旧知の関係だ。今回、建築にCMFの概念を導入し、「不揃いの調和」と題したデザインコードを導入した。キービジュアルのマテリアルボックスを作成し、CMFをボックスで提案。キーコンセプトとなるビジュアルをもとに建物をつくるというアプローチを行った。

結果、一見バラバラなようでいて、まとまりのあるものが作れたのでは、とのことだ。

_mg_9568

ファサードとランドスケープデザインを手掛けたのは、ノイズアーキテクツ豊田氏。

ファサードが動いてるような、変化を感じられる表現を目指したとのこと。渋谷の集う人々の、多様性ある雰囲気を出したいが、物理的にファサードを動かすことは無理、しかも構造上室外機がファサード側にあるという制約の中で、単純な構造の組み合わせを駆使して見る側が動的に動き回ることにより、異なる表情を見せる表現を実現したという。

B1Fの通路部のインスタレーション、及び照明の演出にはライゾマティクス齋藤氏、有國氏。単なるサイネージではない、この場だからこその恒久的な表現を実現できないか? ということで実現したのは、「建築×映像×音像」を目指した壁面サイネージによる作品で、a + xyzという意味が込められた“axyz”。

27台のスピーカーを設置。見る視点で像は変わり、常に変化し続ける三次元空間上の世界を映像と音で表現。すべてのスペース、ファサードがアーティストのキャンパスとして使われる、新しい公共空間での取り組みを目指した。

「そろそろ渋谷の人間が、業界を横断して打ち出していかないと東京が全部同じになりそうで」とライゾマティクス齋藤氏は語る。

_mg_9576株式会社prsmの藤代氏は、全80戸の賃貸住宅部分のうち、13階にあるシェアハウス「コレクティブハウス」に入居する住人代表として登壇。現在、藤代氏は渋谷、逗子、長野県の小布施と3拠点での“多拠点生活”を実践している。この13階コレクティブハウスでは、藤代氏と同じく多拠点生活を行う人たちが集い、ワンルームの部屋を入れ替わり4人で使うなどすることで、19世帯に実に40人が住むという特殊な状況になっているという。その結果、全住人をあわせて100拠点・100職種と呼べるほどの顔ぶれを実現。藤代氏はこのコレクティブハウスのコミュニティ運営の中心的役割を担い、コミュニティ自体も法人組織化するとのことだ。

このコレクティブハウスを手がけたのは成瀬猪熊設計事務所。空間的な特徴として、各戸にキッチンやユニットバスなどの水回りが全部揃っているにも関わらず、共用スペースにはキッチンを備えた「リビングダイニング」を設けた。従来の集合住宅における部屋の「内」と「外」、そして「共用スペース」の概念を覆す、かなり野心的な設計となっているという。

一種流行語化している“共創”という言葉の本質に違わず、設計プロセスから住人の“住まい方”に至るまで、その全てに共創的なプロセスが存在する、そのような空間がかつてこれほどの規模で、果たして存在したことがあっただろうか。

2020年の東京オリンピックを控え、さらなる変貌を遂げようとしている東京。そんな中、そのさらに一歩先を行く“2027年”の完成に向かって進化を続ける街、渋谷から、新しいプロセスによる、渋谷を愛する物たちの手による共創空間が出現したことは大変感慨深いものがある。共創の新しい時代の幕開けは、ここから始まるのかもしれない。
(文責:岡村)

渋谷キャスト(SHIBUYA CAST.)
http://shibuyacast.jp/

_mg_9591
_mg_9586

_mg_9589

_mg_9525

 

2017年5月8日

2017年ミラノサローネ回想録「モノがあってこそ、この感動!」

先月、56回目となるミラノサローネが開催された。
私がミラノサローネに初めて視察に出かけたのが、20代半。
当時、家具国際見本市の会場はミラノ市内にあり、現在のペロー市の半分以下のスペース。

また、街中では、現在のような数々のイベントが展開されていたわけではなく、
インテリア関連のショップだけが新作コレクションを展示し、
上顧客や国内外からのビジネスクライアントをもてなしていた。
そのようなショップでは、朝から晩まで上等なワインが振る舞われ、
ふんだんなフルーツやスイーツ、そして簡単なケータリングまでを揃えて、
それを食しながらの商談の姿は、まだ仕事のキャリアが浅い私には大変に刺激的で、
ミラノのデザインソサエティに憧れを強くした。
それから早、30年。

1

時の経過と共に、私達の価値観やビジネス環境は大きく変容し、
サローネも街中のフゥオリサローネもより活気を呈し、ダイナミックになった。
云うまでもなく、家具インテリアの業界のイベントというよりも、
サローネはすでに衣食住遊知移動など、
あらゆるインダストリーに於けるデザインの未来宣言の時空の場となっている。

2

ミラノサローネの「視察の目線」は、いろいろあって、
勿論、弊社が日経BP社(日経デザイン誌)と共に重ねて実施している
「デザインCMFトレンドセミナー分析」などは、デザインのトレンドを見る~という
王道なる「視察目線」ではあるが、これに留まらず、
「デザインでブランディングをけん引」する事例を見て歩いたり、
「次の時代を担う、若手デザイナーにはどんな顔ぶれが揃っているか」などを探し求めたり、
視察の目線によって、サローネはいろいろ楽しめる。
サローネに集まってくるビジターの国籍から、その国の経済状況も伺い知ることも出来る。
現在は、中国からのビジターはすでに普通。インド、中東からのビジターが目につく。
数年前だと韓国、ロシアのビジターの増加が注目されていた。

さて、サローネを終えて早1か月。
沢山のコト・モノがおもちゃ箱のように詰め込まれたサローネは、その報道もひと段落した。

私がひとつ、今も忘れられないのが、創業1912年の高級家具メーカーで、
80年代からはランチアテーマはじめ車のシート表皮も手掛ける
ポルトローナ・フラウ社とトリノのカロッツェリアのピニファリーナ社のコラボ。

この情報を事前に知った時、この両社のコラボはそれぞれがビッグネームで、
なんの意外性もないので、視察を飛ばしても良いかな、、と思ったほど。
ところが、ついでに~と思って入った国際見本市会場でのポルトローナ社のブースで、
その期待は嬉しく裏切られた。

%e5%86%99%e7%9c%9f17_b

コラボだけが別コーナーになっていて、
そこに佇んでいたのは、まるで車のシートが綺麗に切り取られたかのようなオフィスチェアだった。
その名もコックピット・チェア。

%e5%86%99%e7%9c%9f19_b

%e5%86%99%e7%9c%9f16_b

丁寧になめしが施された上質な革、その色の表情。
ピニファリーナを誇示しない(?)小さ目のロゴの型押しの品格。
カーボンファイバーの座面のベースと革の「あわせ」の丹精なこと!
ステアリングホイールを活用したと思わせる包容力ある座り心地。
まちがいなく、オフィスチェアとして、アーロンチェアの次に来るものだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f18_b

この心の騒ぎに、早速翌日は、街中のポルトローナ社のショウルームに行ってみた。
そこでは、ショウルームの一番奥に、黒く光りを遮った部屋があり、その中に入ってみると
ただひとつ、真っ白い革のコックピックチェア。
その背座のところだけにプロジェクションマッピング。
デザイナーのスケッチから始まるその映像は、のちに椅子の構造を見せ、
そして背座の張地バリエーションを展開し、アート的な表現に移り変わっていく。
ほのかな革の匂い、しっとりとした革の風合い。心地よい音楽も流れていた。
昨日展示会場で見て、触ったモノとしての感動に、この映像が重なる。

これがただ、プロジェクションマッピングであったなら、ここまで心を奪われなかっただろう。
まず、椅子の完成度があって視覚、触覚、嗅覚、聴覚をゆさぶり、
プロジェクションマッピングにより椅子のもつ世界感が広がる。
五感を超えるイマジネーションの世界。
そのゾクゾク感は、言葉にならないほど。

ヒトの感覚は、現在は五感どころか細かく分類すると20余りあるそうだ。
このヒトの感覚を引き出して心を躍らせることこそ、まさにデザインの仕事。
戦略やメソッドも勿論重要な昨今だが、
心に届くモノを創る行為もまた、デザイナーならではのプロフェッションだ。

文責:
湯浅保有美(トリニティ デザインプロデューサー)

写真:
藤原亮子

PAGE TOP