MENUCLOSE

NEWSお知らせ

2014年9月12日

10/29(水)開催!〜新興国の中間層のライフスタイルと「感性品質」・インド版〜 (JIDAセミナー)

JIDAセミナー:新興国の中間層のライフスタイルと「感性品質」・インド版

日本企業もグローバルな戦いの中で、確実な実績を上げ始めています。
従来の「日本基準の品質」の考え方を改め、現地のライフスタイルや価値観、嗜好性をさぐり、「ローカルに最適な品質」を提供することが成功に繋がるキーワードです。

今回、「トリニティ・ストラテジー・インディア」の代表を招き、最新のインドデザイン環境や生活について語っていただきます。

インドは今、大きなうねりの中にいます。
更なる経済発展と価値観の変化は、中間層の嗜好にも影響を与えています。
安いだけでは売れない車、オーガニックを信望するコスメユーザー、素材についてのインドならではのこだわり・・・等々。
インドビジネスに関心を持つインハウスデザイナー、事業企画者、海外市場担当、イノベーション推進をご担当の皆さまにお勧めいたします。

当日のセミナーでは、中間層のライフスタイルの「今昔」を簡単に紹介した上で、いくつかの商品アイテムについて「品質を感じさせるためのポイント」について具体的に解説します。

●概要:
・今なぜ、感性品質か
・変わりゆく中間層のライフスタイル
・彼らの<品質>の視点とは?

◆開催日時: 10月29日(水)

◆場所: DENSO IT-LAB
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷二丁目15番1号 渋谷クロスタワー28階

◆定員: 50名

◆プログラム: 18:00〜20:00(セミナー)
20:00〜21:00(懇親会)

◆プレゼンテーター:

Hari Kishan Nallan(ハリ キシャン ナラン)
トリニティ・ストラテジー・インディアPvt.Ltd. 代表

インドでも有数のデザイン大学NIDを卒業。大手製造メーカー勤務後、プロダクトとUIデザインを主とするデザイン会社「THINK DESIGN」を設立。
2011年にトリニティ(株) とのジョイントベンチャーにて同社を立ち上げ、代表に就任。同社はデリーとハイデラバードに拠点を置き、市場調査・デザイン調査等、「ものづくり」の視点で調査&コンサルティグを展開する。
インドに於けるデザインリサーチを含め、企業ビジョンの策定、デザイン戦略の立案、デザイナーの育成の為のワークショップやセミナーなど多岐にわたるプログラムにてインド、日系、インターナショナル企業を支援する。

※日本語の通訳あり

◆参加申し込みはJIDA(公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会)のWebサイトよりお願い致します。
http://www.jida.or.jp/site/information/inhouse_20140807

2014年9月5日

第3回 福祉×デザイン”アイデアソン”セミナー 9月12日(金)開催!

■ 第3回 福祉×デザイン”アイデアソン”セミナー
テーマ:「在宅介護の現場で起こるアクシデント」
———————————————————————————-
在宅介護の現場で起こる様々なアクシデントについて学び、
「安全な介護を実現する商品・サービス」や
「家族の介護負担を軽減させる商品・サービスアイデア」を考えよう!
———————————————————————————-
超高齢社会を迎え、その最大の課題として “福祉・介護”が注目を浴びている
中で、その現場は、費用負担の増大やサービスの質といった利用者に影響を
与える課題だけではなく、
慢性的な人手不足や労働環境の劣悪さといったサービスを担う人材の確保が
難しいといった課題も山積しています。

誰も経験したことのない超高齢社会に突入した中でどういったライフスタイルを
描いていくのか。

いまだ答えの見えない超高齢社会への課題解決を考えるうえで、
キーワードになるのは「デザイン」ではないでしょうか。

これまでの方法論や価値観とは「異なる延長線上」に未来を描き、
新たな社会的な価値を創出していくことが求められています。

その時、デザイン、マーケティング、商品企画に携わる我々が果たすべき役割
は、これまで以上に大きなものになると考えられます。

こうした問題意識から、
第3回目の『福祉×デザイン』”アイデアソン”セミナーでは、
「在宅介護の現場で起こるアクシデント」について学び、
「安全な介護を実現する商品・サービス」や
「家族の介護負担を軽減させる商品・サービスアイデア」
を考えていきたいと思います。

今回、話題提供者としてお招きするのは
トリニティのΠ(パイ)型モニター(※)の一人で、
ソーシャルフラワーアーティストの岡崎万奈さんです。
岡崎さんはフラワースクール講師の仕事をしながら
2009年に社会福祉士の資格を取得し、2012年花業界から福祉の現場へ転職。
介護職員として通所介護施設に勤務。利用者と施設の花壇作りや生け花などの花
育に取り組み、2013年9月より、機能訓練特化型短時間デイサービス施設の生活相談員となりま
した。少子高齢化対策に施設以外の多世代.多様な人々の交流や共生のコミュニティが
必要であると考え、花や自然を介しての場作り、ワークショップやイベントを企画されています。

福祉・介護の現場では何が求められているのか。
それはどういった技術や商品、サービスで解決が可能なのか。
これまで福祉・介護現場には活用されていない技術や商品を応用することはできないのか。
これからの超高齢社会に必要とされる介護現場のイノベーションへ向けた
創発の場となることを期待しています。

※Π型(パイ型)モニターとは…
 ソーシャルワーカーを中心に福祉事業を展開する、
 専門家達のネットワーク。単一分野の専門家ではなく、
 複数の専門性を知る現場プレイヤーであるプラクティター(実践家)で
 構成されている為、業界や現場の状況・モノやサービスに対して、
 的確かつ包括的な経験をフィードバックすることができる。
http://care.trinitydesign.jp/workcontents1.html

◆プログラム概要(全3時間半)
・挨拶&参加者の自己紹介(30分)
・福祉現場の”今”(60分)
・アイデアソン(120分 内、休憩1回) 

◆話題提供者 岡崎 万奈
フラワースクール講師の仕事をしながら2009年社会福祉士取得。
2012年花業界から福祉の現場へ転職。介護職員として通所介護施設に勤務。
利用者と施設の花壇作りや生け花などの花育に取り組む。
2013年9月より、機能訓練特化型短時間デイサービス施設の生活相談員となる。
少子高齢化対策に施設以外の多世代?多様な人々の交流や共生のコミュニティが
必要であると考え、
花や自然を介しての場作り、ワークショップやイベントを企画している。

◆ファシリテーター 須藤 順
トリニティ(株)ソーシャル・ケア・デザイナー
(株)CCL取締役・コミュニティデザイナー
1981年生まれ。博士(経営経済学)、社会福祉士。
(独)中小企業基盤整備機構 経営支援情報センター リサーチャー。
メディカルソーシャルワーカーとして勤務後、医療難民向けのリハビリ施設の立
ち上げと経営に参画すると共に、
障害者福祉施設のコンサルティング等に従事。その後、コミュニティビジネス/
ソーシャルビジネス支援や
人材育成、農商工連携/着地型観光/グリーンツーリズム支援、地域行政のコンサ
ルティング、
ICTを活用した街づくり等のサポートを全国で展開している。
「すべての人・組織・地域の主体性の創造」を目指して活動を続けている。

◆実施概要
開催日時:2014年9月12日(金)
     16:00〜19:30(3時間半)
場所:弊社会議室(東京都千代田区)
http://trinitydesign.jp/companyinfo
参加費:当日現金お支払い 5,000円(税込/1名様)
定員:6名

■各セミナー・勉強会のご応募について
下記欄に必要事項を記載の上、
info@trinitydesign.jpまでご連絡ください。

【応募フォーム】
**************************************************************************
◇参加希望セミナー・勉強会名:
◇貴社名:
◇ご参加者様名:
◇所属部署名:
◇現在の業務とご応募されるセミナー・勉強会内容との関わりについて:
◇ご連絡先(メールアドレス):
**************************************************************************

■その他、セミナーに関するお問合せ
Tel: 03-5211-5150
E-mail: info@trinitydesign.jp
トリニティ・セミナー運営事務局(岡村)まで
 

2014年9月5日

“システムデザイン・マネジメント思考をはじめて学ぶ”セミナー 9月18日(木)開催!

——————————————————————————–
 デザイン思考の”その先”を知りたい方へ!
「システムデザイン・マネジメント思考を初めて学ぶ」
——————————————————————————–
デザインシンキングが今、叫ばれています。
特に、デザイン業界以外からの「デザインが持つ、課題抽出力、発想力、
構築力、視覚化能力」等、デザイナーが持つポテンシャルを活かそうと
期待が高まっています。
しかし一方で、発想力や情報力からアブダクトする「発散」については
慣れてきたものの、発散したアイディアを最終的な結論に導き「収束させる」
ことについては未だ明確なツールがないことが現状ではないでしょうか。
いかに創造的で、多数決&調整型ではない、あるべき結論を出すか…
実はこのシステムデザイン思考には、その具体的なノウハウがつまっています。

 ——————————————————————————–
 ○システムデザイン・マネジメント思考とは…

 「システムデザイン・マネジメント思考」とは、ものごとをシステムとして
 俯瞰的に捉え、発散されたアイデアの断片をシステマチックに収束・具現化
 させる為の思考法。
 もともとは航空宇宙機器や軍事システム等の大規模システムを、
 多数のスタッフにより着実なステップを踏みながら作り上げる事を目的として
 発展し、その後、都市、経営、医療、地域開発分野等の様々な社会領域も
 取り扱うようになった。
 本セミナーではこの「システムデザイン・マネジメント思考」を駆使して、
 「イノベーティブ」且つ「地に足の着いた」創造プロセスを皆で体感する。
 ———————————————————————————

◆ファシリテーター 八田 孝 / はった たかし
NEC日本電気株式会社入社後、自動車事業部事業部長、
サービスアカデミー校長を歴任。平成24年NEC日本電気株式会社を退社し、
平成25年より慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士。
システムデザイン・マネジメント思考の啓蒙に奔走する。

◆想定対象者
事業会社でデザインの組織に所属している方、
デザインディレクションを専門としている方、
社内のワークショップや会議でファシリテーションの役割を担う方。
※弊社の同業他社のお客様のお申込についてはご遠慮頂いております。

◆実施概要
開催日時:2014年9月18日(木)16:00〜18:00(2時間)
会場:弊社会議室
   会場までのアクセス↓
   http://trinitydesign.jp/companyinfo
参加費:当日現金お支払い 3,000円(税込/1名様)
定員:8名 ※お申込み多数の場合は抽選となります。

■ご応募について
下記欄に必要事項を記載の上、
info@trinitydesign.jpまでご連絡ください。

【応募フォーム】
**************************************************************************
◇参加希望セミナー・勉強会名:
◇貴社名:
◇ご参加者様名:
◇所属部署名:
◇現在の業務とご応募されるセミナー・勉強会内容との関わりについて:
◇ご連絡先(メールアドレス):
**************************************************************************

PAGE TOP