MENUCLOSE

ARTICLES記事

デザインの視点
海外・新興国
2011年12月16日

グローバルプロダクトと地域性

イスタンブールの巨大ショッピングモールで見つけたのが、
スマートフォン&タブレット向けの、
色とりどり、素材とりどりの多種多様なカバー類!

グローバルプロダクトと地域性

ショーケースの中には、シンプルな「パターンモノ」から、
原宿においてあってもまったく違和感のない、
「デコケース」や「キャラクターモノ」が所狭しと並んでいる。

そもそも、スマートフォンやタブレットの類は、
TVや自動車といった今までの工業製品とは異なり、先進国と新興国において、
タイムラグがなく浸透している製品の代表格と思っていたが、
カバーやアクセサリー類といった副次的なマーケットも
しっかりと追従しているようだ。

とはいえ、トルコという国自体が地理的な要素から、
ヨーロッパ的美意識とアジア的な混沌さ・生命感が融合した独自の文化を持つ国。

そういった背景を含めてもう一度よく眺めると、
このスマートフォン&タブレット向けカバーも、
ヨーロッパ的なものからアジア的なものまで、
一通り揃っているように見えてくる。

iPhoneのようなグローバル・プロダクトが世界を席巻し、
facebookのようなSNSが浸透することで、
国や地域を横断した同時代的な価値観や嗜好性が醸成されつつあるが、
こういった、ちょっとしたアクセサリー類に、
その国・地域の文化がにじみ出ていることを考えると、
その国を文化や歴史を理解しておくことは、
いつの時代でもやっぱり重要性なんだな、と思うのである。

 

T/——————————————————-
文責:深澤秀彦
トリニティ株式会社 取締役

大手日系グローバル自動車メーカーのコンサルティング/デザインリサーチ会社でキャリアをスタート。
トリニティでは、グローバルでのデザインリサーチを中心に、
デザイン戦略/デザインマネジメントの構築、デザインコンセプト、デザインモデルの開発等、
リサーチから製品開発、戦略立案まで幅広いプロジェクトを担当。
欧米を中心に、南米やアジア、中東、アフリカ地域などを様々な地域を対象に、
現地フィールドワークを含む海外でのプロジェクトを多く推進している。
また、国内外のデザイナー、デザインリサーチャー、エンジニアといった、
多種多様なエキスパートとの共創経験も豊富で、プロジェクトのテーマや課題に応じてチームを編成し、指揮している。

海外調査のお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

PAGE TOP