MENUCLOSE

ARTICLES記事

デザインの視点
海外・新興国
2011年12月21日

インド人と動物

経済発展が著しいインドだが、
街中でも相変わらずのどかに過ごす家畜や犬達を見かける。

去る9月のデリー出張でも、近代的になった空港でタクシー待ち行列のすぐ横で
無防備に寝そべる犬を見て「インドにまた来た」と実感した。

インド人と動物雑踏の中、平然と寝そべる犬。インドには野良ヤギや野良牛までいる。

ただ、人間と動物の距離が近い一方で、
動物たちが可愛がられているようにはどうしても見えない。
近さと親しさは別物のようだ。日本人の鳩に対する感覚に近いのだろうか。

そこで、子供向け商品等でよく使われるキュートな動物キャラは
インド人には受け入れられるの?
と、弊社の関連会社であるTSI(Trinity Strategy India Pvt. Ltd.)の面々に
聞いてみた。

・可愛い動物キャラを好むのは年代が限られていて、女の子だけ。

・子供が好きなのは本物よりもアニメ、漫画。一番人気はドラえもんと
Chota Bheem。

・インド人にとって可愛い動物=犬、猫、うさぎ。ただし、幼獣ならその他の
動物でも可愛い。

・その一方で、インドの動物=不衛生という認識が強い。

インド人と動物
小さな女の子がいるご家庭にお邪魔した際に発見したミッキー&ミニー

インド人の動物観は、宗教・文化的な要素もさることながら、
衛生状況も大きく影響しているようだ。

衛生環境が向上するに従い、インド人の動物に対する感覚も
変化してくるのではないか。
ふとそんなことを考えた。

T/——————————————————-
文責:小澤剛
トリニティ株式会社
左脳をフル活用し、トリニティメンバーをバックアップ。トリニティ・ストラテジー・インディア設立時の立役者。

 

PAGE TOP