MENUCLOSE

ARTICLES記事

受付中のプログラム
創発、学び
2018年6月20日

新興国 “デザイン思考” マラソン プログラム 第2回ミーティングを開催

若手人材の実践的な教育トレーニング「 新興国 “デザイン思考” マラソン」の第2回目のミーティングが6/15(金)に開催されました。

本プログラムは、現地生活者とのワークショップ・フィールドワーク・短期ホームステイ等を通じて、今後の経済新興市場における「次世代中間層のインサイト」を探求する、マルチクライアントプロジェクトです。第6回目となる本年度は、インドとベトナムの両国にて短期滞在します。

今月の第2回目のオフミーティングでは、現地ワークショップ参加メンバーの発表や、参加者の事前課題をベースにした、現地インサイト抽出ツールのディスカッション、現地フィールドワーク先候補の発表などを実施しました。

ミーティングのアーカイブ映像

今回のテーマである、「住」に沿って、参加者それぞれの自宅の様子をまとめた「マイ・インテリアシート」や、自国の流行をグルーピングするワークなど、参加者それぞれの個性が光るに内容でした。

 

39514671_718740738468147_6509933083607695360_n39514671_718740738468147_6509933083607695360_n

グループワーク前のインプットトークの様子

 

39861903_450078515484671_4581977068215992320_n

自国のインサイトを抽出するワークの風景

<新興国“ デザイン思考 マラソン ”プログラムについて>
“本プログラムは、インド(ニューデリー)とベトナム(ホーチミン)の2か国に短期滞在し、現地生活者とのワークショップ・フィールドワーク・短期ホームステイ等を実施。デザイン思考的観点からインドとベトナムそれぞれに特有/共通するUX潮流&インサイト&価値観を探求し、そこから商品・サービスアイデアを創り上げていく、約5ヶ月間のマルチクライアント型トレーニングプログラムです。
デザイン思考はそのプロセスを頭で理解しただけでは機能しません。また如何に多様な視点観点を持てるか〜がその成果に直結します。
本プログラムにて様々な業界・専門性・価値観を持つ日本&海外の仲間たちと共に、ディープなフィールドにおける生の体験を通じて、デザイン思考的スタンスやマインド含めて体得し、デザイン思考を真に活用できる‘Real Design Thinker’への第一歩を踏み出してみませんか?”
*今年度の募集は終了いたしました。

 

来年度以降の実施に関しては、下記へご連絡ください。
■お問い合わせ先
トリニティ 新興国“デザイン思考 マラソン”プログラム担当
お申込みフォーム https://trinitydesign.jp/contact/general/
メールでのお問い合わせ info[at]trinitydesign.jp
→資料ダウンロードはこちらをクリック

 

———————————————————————————————————

 

「新興国 “ デザイン思考 マラソン ” プログラム」を担当しているトリニティの西本です。
今回のミーティングでは、参加者の自宅の様子をまとめたワークシートや、自分が感じる身の回りの流行から自国のインサイトを抽出するワークなど、参加者それぞれの個性が発揮される内容が多く、ミーティング中とても刺激を受けながら時間を過ごしていました。
来月のミーティングが終了したら、すぐに現地へ渡航しますが、これから参加者のみなさんのアイデアがどのように変化・ブラッシュアップされていくのかが楽しみです!
西本

最新情報はこちらから!

トリニティの新興国デザイン思考マラソンのスペシャルサイトでは
参加者の声やプログラムの詳細など、しっかりご確認いただけます。

最新情報
https://trinitydesign.jp/dtm/

PAGE TOP