MENUCLOSE

福祉・医療調査

WORK MENUに戻る

福祉や医療の現場には、
たくさんの課題があります。

複数の専門性をもった福祉・医療・子育ての現場経験者「π型(パイ型)モニター」と共に、
トリニティがデザインやリサーチで鍛えた
「調査」、「観察」、「デザイン思考」、「製品づくり」などのノウハウを発揮し、
課題解決を推進しています。

トリニティの福祉・医療調査の一例

CASE STUDY
現場の暗黙知を顕在化させ、求められる商品&サービスを生み出す
パイオニア(株)の福祉ワークショップ事例

クライアント企業は、創業から培ってきたさまざまな技術を医療福祉の商品として応用することを目標に、複数の医療機関との協業や医師へのヒアリングを重ねていました。しかしこうした努力で外部の知見は理解できても、具体的な商品アイデアにつなげるのは容易ではありません。本プロジェクトでは、トリニティが組織する「ソーシャル・ケア・デザイン」の「π型(パイ型)モニター」のメンバーを起用し、ビジネスモデルを立ち上げることを目標にハッカソンを実施しました。現場を知るπ型モニターならではの視点が加わることで、より俯瞰した課題の抽出と解決のヒントが短期間に定義され、リアリティのある製品・サービスアイデアが生まれました。

写真:CASE STUDY 現場の暗黙知を顕在化させ、求められる商品&サービスを生み出す

デザインでできる社会貢献”を目指し、トリニティが運営する「ソーシャル・ケア・デザイン」活動。
介護・福祉・医療・子育て領域のプロフェッショナルネットワークを駆使して、プロダクトやサービス、仕組みをデザインし、課題の解決に挑戦しています。

ソーシャル・ケア・デザインー Social Care Designはこちら

PAGE TOP