MENUCLOSE

NEWSお知らせ

2019年3月27日

5/29 セミナー開催:新規事業や新製品・サービス開発ご担当者様向け:デザインの視点で「未来」「人」「対象」を捉えるリサーチの活用方法2019

新規事業や新製品・サービス開発に役立つリサーチをわかりやすくレクチャー

デザインコンサルティングのトリニティから
『デザインの視点から「未来」「人」「対象」を捉え、
新規事業企画、新製品・サービス開発に活かす、リサーチ活用セミナー』の開催をご案内します。

このセミナーでは新規事業や新製品・サービス開発に役立つリサーチのあり方を
実例をもとに、トリニティのシニアデザインリサーチャーが
リサーチを専門とされていない方にもわかりやすくレクチャーします。
ぜひプロジェクトの設計にお役立てください。

 

対象:新規事業や新製品・サービス開発ご担当で、
このようなことでお困りの方におすすめのセミナーです。

・リサーチを頼む機会はあるが、面白い結果は得られず、企画や設計とのズレを感じる。
・リサーチの結果が新しいアイディアに結びつかない、
・社内の説得材料として物足りない、届いたレポートを誰も読まない などリサーチを活用できていない。
・リサーチは必要だが、チームに専門家がおらず、どんなリサーチが自分たちに必要なのかわからない。
・統計やリサーチの勉強をしたことがないが、新規事業立案や製品・サービス開発のためにリサーチを行わないといけない。
 
 

トリニティとは?

トリニティはデザインコンサルティングを柱に、
「デザインリサーチ*」と「マーケティングリサーチ**」の双方のメソッドを道具とし、
20年間ものづくりやサービス開発の現場に並走してきました。

これまでに手掛けたプロジェクトは600本以上。その半数以上が海外でのプロジェクトです。
特に「そもそも何をつくるべきか?」という、設計や企画、
アイディア開発に役立てるためのリサーチとその活用プログラムについて
業界でご好評をいただいています。
*デザインリサーチ:デザイン(設計)を行うことを目的に、人を深く調査し洞察を得る手法の総称
**マーケティングリサーチ:市場創造を目的に、機会やポジショニングなどの情報を得る手法の総称

 

主なクライアント(昨年実績の一部です)

大手自動車製造会社、大手自動車部品メーカー、総合家電メーカー、大手電気通信事業者、
大手電子部品メーカー、精密機器メーカー、総合ITベンダー、大手化粧品メーカー
ほか
 
 

講師プロフィール:織田浩平

oda
日系サービス業企業の調査部門でリサーチャーを7年間務め、
大手広告素材制作会社を経て、2013年2月よりトリニティに勤務。
現在は同社のシニアデザインリサーチャーとして、
国内外を問わず多様なデザインリサーチやアイディア開発ワークショップを担当している。
定性・定量調査、また有識者調査 等の豊富な経験を有し、
耐久消費財からBtoB商材・サービスの調査案件まで幅広く経験。
 
創業よりデザインとリサーチを二本柱として成長をしてきたトリニティにおいて、
デザインの力とリサーチの力をハイブリッドさせた、
リサーチプログラムの創出やソリューションの提供に日々、奔走している。

 

セミナー内容:
新規事業や新製品・サービス開発に活用できるリサーチとは?

trinity-desin-research-seminar_190325_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_1
新規事業や新製品・サービス開発のためのリサーチを実績のある調査会社に調査を頼んでみたけれど
「調査前から分かっていたことばかり…」
「知りたいのは、こういうことじゃない…」
「結果が実務に使えない…」
といった経験から、リサーチ全般への不信感を抱いたり、
その逆に、特効薬をお探しのご担当者も多くいらっしゃいます。
 
しかし、新規事業や新製品・サービス開発のさまざまプロセスで、リサーチは重要な役割を担います。
「未来の兆しを掴む」
「マーケットを知る」
「製品やサービスをカタチにする」
「受容性を検証する」
「実現に向けて説得する」 などの
目的に対して、選んだリサーチの設計が食い違う場合には
ミスマッチが起こり、前述のような「使えないリサーチ結果」が出来上がってしまうことになります。
 
デザインコンサルティングのトリニティでは
新規企画開発やアイディア創発など、
特に新規事業立案や新製品・サービス開発の上流工程に役立つリサーチを得意とし、
デザインリサーチやマーケティングリサーチを実践しています。
 
このセミナーでは、わたしたちの実施している
新規事業や新製品・サービス開発に役立つリサーチのあり方を
実例をもとに、リサーチの非専門家の方にもわかりやすくレクチャーします。
※統計の知識は必要ありません。

スケジュール

全3回(2019年5月、2019年8月、2020年2月を予定。1回のみの参加も可能です。)
 

テーマ 第1回 兆しをつかみ、未来を見通す
~リサーチを活用して、ひとの未来を創造する~
開催日程 2019年5月29日(水)15:00~17:30
こんな人に
おすすめ
・我々の生活がどう変化 していくのか、未来ってどう描いたらいいの?
・これまでに無い新しい価値の探し方が分からない
・マーケットのトレンドセッターの見つけ方が分からない
内容 目の前のお客様やターゲットユーザの意見は大切ですが、
ユーザ自身は適切な未来を知っているわけではありません。
私たち自身が、現在の延長としての未来を参照しながら、
“ひと“や自分たちにとって、あるべき理想の未来を描くことが、
強い魅力を持ったプロダクト・サービス開発につながります。

トリニティのリサーチでは
「適切な未来を想像し、世界を変えるインパクトを持つ」ためのリサーチを実践しています。
 

事例
1.領域を横断した有識者の知見を多層に積み重ねることにより、未来の生活を描き出す
2.エクストリームユーザの視点から、市場活性化を促す新価値を探る
3.領域を横断した最新のデザイントレンドを俯瞰的な視点から読み解き、
その先のトレンドを予測する
※事例は変更になる場合があります。


テーマ 第2回 ひとやモノの深層を理解する
~エスノグラフィ調査・行動観察調査で、
ユーザさえも意識していない情報を読み解く~
開催日程 2019年8月21日(水)15:00~17:30 予定
こんな人に
おすすめ
・ターゲットユーザーのイメージにリアリティがない
・これまでに無い新しい価値の探し方が分からない
・これからのマーケットを牽引する若者を理解するにはどうしたらいいの?
・海外市場へ製品やサービスを展開する際のローカライズポイントは?
 
内容 市場やユーザーの情報を得る時、最も多く活用されるのが
「言葉」を介したデータです。
しかし、対象者本人も意識していない行動や情報は
「言葉」から得ることはできません。
そこで、エスノグラフィと呼ばれる、観察手法が重要になります。
観察者自身が対象者の生活に入り込み、
ありのままを把握する参与観察や訪問調査などを行い、
「言葉」を介したデータと「観察」を介したデータを
掛け合わせて読み解くことで真のインサイトが獲得できます。
事例
1.モビリティに関するエスノグラフィ調査
2.要介護者のエスノグラフィ調査
3.新興国におけるエスノグラフィ調査
※事例は変更になる場合があります。

テーマ 第3回 事象を見える化・構造化し、ストーリーを紡ぎだす
~リサーチの結果から今までにないアイディアを創り出す~

開催日程 2020年2月19日(水)15:00~17:30 予定
こんな人に
おすすめ
・開発やプランニングにおける戦略の作り方が分からない
・グローバルで俯瞰した時に、マーケット毎にどう戦略を立てればいいの?
・凡庸なビジネスアイディアしか浮かばない
・多様な専門家と協創して今までにないものを生み出したい

内容 1.現地マーケットにおける課題を明らかにし、エキスパートとの協業により
 ビジネス拡大に向けたソリューション案を導き出す
2.フィールドワークを中心にユーザー起点でアイディアを開発し、
 受容性調査を元に伝えるべき価値を導き出す など
※事例は変更になる場合があります。


 

セミナー概要

■開催日程
    第1回:2019年5月29日(水)15:00~17:30 (受付は5/15迄)
    第2回:2019年8月21日(水)15:00~17:30 予定
    第3回:2020年2月19日(水)15:00~17:30 予定
    ※1回のみの参加も可能です。

■場所:トリニティオフィス会議室
    千代田区紀尾井町3-29 NGA紀尾井町ビル6階
    Tel : 03-5211-5150
    http://trinitydesign.jp/companyinfo/?id=sec2

■参加費用:5,000円(税込み)/1回
 

お申込み方法・ご参加までの流れ

1)お申込み
お問合せフォームより以下の内容をご記載の上、お申込みください。

  日程:第1回:2019年5月29日(水)15:00~17:30 
  御社名:
  部署名:
  お名前:
  電話番号:
  本セミナーで期待すること:

 ※最少催行人数 5名に満たない場合は開催を中止する場合があります。
 ※10名以上のお申し込みがあった場合、先着順となります。 
 ※第2回以降もお申込みいただけますが、日程は変更になる可能性がございます。

2)開催日の2週間前までに、当日の参加のご確認を弊社担当よりご連絡させていただきます。

3)当日会場にて参加費をお支払いください。
   宛名なしの領収書をお渡しいたします。
 

お申込みフォーム お問合せ先

お問合せフォーム:
http://trinitydesign.jp/contact/general/

※セミナーで取り扱いされているリサーチを検討されたい方のご相談も承ります。
  ご相談、打ち合わせ、詳細について聞きたいなど、
  ご要望がございましたら上記のフォームよりお問い合わせください。

PAGE TOP