MENUCLOSE

NEWSお知らせ

2016年1月26日

<終了しました>2/19(金)開催!JIDA×TRINITY 福祉&介護アイデアソン

JIDA主催 第1回・福祉&介護アイデアソンのご案内
ソーシャルケアの現場の課題をクリエイティブで解決しよう!
~自らのスキルの「柱」を増やしていくための基礎ワークショップです~

(お申込み方法は、本お知らせの下部をご覧ください)

時代は、私たちデザイナーにあらゆることを求めはじめました。
ものづくりやサービス開発の構造変化による「作り手&受け手の役割分担や情報のボーダレス化、フラット化」を背景に、
より専門性を磨くこと。
同時に専門領域を、ひとつではなく拡張し、それを社会に還元していくこと。

これまでのデザイン活動の定義に留まらない「時代の期待値」に今、
私たちは対応していかなくてはなりません。

そこで今回のアイデアソンは、福祉&介護をテーマとして、
現場の経験者の話題提供を皮切りに、誰もが体験・習得できる課題抽出とデザインソリューションの向上を目的としました。
福祉&介護の知見がなくてもその基礎と問題解決手法が体験できるプログラムです。
基調講演にはデザイン教育に力をいれる一方で、福祉分野とデザインとの協創の第一人者として活躍する蓮見孝氏をお招きしました。

これまでのデザイナーとしてのスキルを活かして、福祉&介護現場ならではの問題の「ひも解き」を習得することは、
日ごろのルーティンワークにも必ず生かせる経験です。

また、日本の福祉&介護分野の成功にデザインで貢献することは、
私たちのミッションであり、ひいては、世界市場における日本の強みにもなるでしょう。

短い時間ではありますが、皆さんと一緒に未来を考えたいと思います。

佐藤 敏明 日本電気(株) 研究企画本部 イノベーションプロデューサー
湯浅 保有美 トリニティ(株) 代表取締役

日時:2016年2月19日(金) 15:00~19:00(14:45より受付開始)
会場:HAB-YU platform
東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー 3F
http://hab-yu.tokyo/
定員:40名
参加費:一般5,000円、JIDA 正会員・賛助会員および準会員 4,000円、
学生会員/一般学生 3,000円

講演者:
●蓮見孝
札幌市立大学 理事長・学長
1948年神奈川県生まれ、東京教育大学卒。博士(デザイン学)。
1971年日産自動車(株)入社、モデル課長、エクステリアデザイン室代表主担等歴任、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート社命留学。1991年筑波大学に転籍、芸術系教授。芸術専門学群副学群長、広報戦略室長、学長補佐等歴任。2012年から札幌市立大学学長。

有識者(ソーシャルケア・デザイン):
●須藤順
ソーシャルケア・デザイナー
1981年生まれ。博士(経営経済学)、社会福祉士。高知大学地域協働学部講師。
ソーシャルワーカーを経て、中間支援機関でソーシャルビジネス支援に従事。
その後、(独)中小企業基盤整備機構リサーチャー、人材支援アドバイザー等を経て現職。
2014年より、ソーシャルケア・デザインに参画し、医療・福祉・教育×デザインによるイノベーション創出をサポートしている。

●秋本可愛
株式会社Join for Kaigo代表取締役
大学在学中に、起業サークルでプロジェクトチームsep-arrangeを結成し、認知症予防のためのコミュニケーションツールとしてフリーペーパー「孫心(まごころ)」を発行。(4号目が全国の学生フリーペーパーコンテストStudent Freepaper Forum 2011で準グランプリを受賞。)
大学卒業後、同社を設立。同時に、超高齢社会を創造的に生きる次世代リーダーのコミュニティ「HEISEI KAIGO LEADERS」を運営。ソーシャルケア・デザインのプラットフォームも活かしながら、業種を超えた幅広い次世代のリーダーシップ・ネットワークづくりに邁進中。
http://heisei-kaigo-leaders.com/

*アイデアソン(Ideathon) は アイデア(Idea)とマラソン(Marathon)を合わせた造語で、2000年代に米国で使われ始め、現在は日本の企業/行政でも活用されています。
テーマを定めた上でチームごとにアイデアを出し合い、それらをとりまとめていく体験型形式のワークショップです。

当日の進行(想定):
——————————————————————–
15:00 主催者のご挨拶
15:10 基調講演 蓮見孝 札幌市立大学理事長・学長
15:30 有識者「ソーシャルケア・デザイン秋本可愛氏」話題提供
日本の福祉・介護の現状の説明および介護士の課題
15:45 有識者「ソーシャルケア・デザイン須藤順氏」話題提供
日本のケア現場の課題の具体的事例について
16:00 課題の発散ワーク(個人ワーク)
16:45 課題のデザインソリューションワーク(グループワーク)
18:00 発表およびゲストによる講評
19:00 閉会のご挨拶
*19時から19時30分は当日の参加者による懇親の時間を予定しております。
——————————————————————–

お申込み:下記の内容をご記入の上、
JIDA事務局宛にFAX(03-3587-6393)か、E-Mail(jidasec@jida.or.jp)にて
お申込みください。

・・・・・・・・・・・・・・参加申し込み・・・・・・・・・・・・・・
2月19日(金)福祉&介護アイデアソン 参加希望
氏名:
所属: JIDA 正会員・賛助会員・準会員・学生会員・一般(どれかひとつ)
勤務先・学校名:
Tel:
E-mail:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主催:公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会/JIDA
http://www.jida.or.jp/
運営協力:トリニティ株式会社/ソーシャルケア・デザイン
http://trinitydesign.jp/
http://care.trinitydesign.jp/

JIDA福祉アイデアソン告知icon

PAGE TOP