MENUCLOSE

NEWSお知らせ

2018年12月25日

2018年デザイントレンドは「スリル&ファン」デザインリサーチで時流を読み解きトレンドを創る インハウスデザイナー活動 “TOPICS X”プレゼンテーション開催報告

「様々な業種から得られるインスピレーションを軸に、
 最新デザイントレンドから時代を先読み、新たなトレンドを自ら創る」

 
TOPICS X(トピックス エックス)とは?
 2008年から始まった、世界で唯一の異業種・複数社混成のインハウスデザイナーの活動です。今年で10年目を迎え、毎年の活動の企画から運営まで一貫してトリニティが行っています。
 
 今期、ご参加頂いている企業様は全部で11社となり、日産自動車株式会社、アイシン精機株式会社、株式会社オーテックジャパン、コクヨ株式会社、株式会社タニタ、TOTO株式会社、任天堂株式会社、パイオニア株式会社、パラマウントベッド株式会社、三菱重工業株式会社、三菱電機株式会社と、多種多様な業界からご参加いただいています。

世界の最新デザイントレンドプレゼンテーション
 この異業種交流会の中で毎年発表される、世界の最新デザイントレンド事例を集めたプレゼンテーションが、12月11日(火)コクヨ品川ショールームにて開催されました。
_dsc5202
 第1部のプレゼンテーションでは、業種を問わず共通して見られる世の中の動きを俯瞰的にとらえ、「時代の大きな潮流」について考察する事例研究レポートを紹介。

 今年のテーマは「スリル&ファン」

 依然として、精神的鎮静を求めるチルアウトの動きも強い一方で、カルチャーやテクノロジーと同調する形で、さらに大胆な逆説的発想による非日常的な刺激が提供されています。ミレニアルズシフトの新たな傾向を2つの切り口「キャンプ」(悪趣味や悪ふざけの美的感性)と「体感刺激」(ライブ感を重視する体感デザイン)の2つの切り口を様々な事例を踏まえ紹介しました。

 第2部では、コクヨが開発したオフィスチェア「ing」の開発プロセスをファニチャー事業本部ものづくり本部1Mプロジェクト木下 洋二郎 氏からご紹介いただきました。
_dsc5238
 
本開発プロセスの上流においては、トリニティが関わらせていただきました。
また今回のプレゼンテーションの切り口である「体感刺激」は、オフィスチェア「ing」において、いち早くとらえた先行事例であるとプレゼンターである当社篠崎がコメントしておりました。
 
_dsc5228
 その後、参加者の皆さまには第1部のプレゼンテーションから自分自身の気づきについて、one on one(一対一)形式でスピードストーミングを3セット実施。各ペアによる活発なディスカッションを通し、多角的な視点の共有・整理が行われました。
 今回も参加者の注目度が高く、大量で上質な情報を浴びることができ、とても満足度の高いプレゼンテーションとなりました。
_dsc5295
 
TOPICS X(トピックス エックス) プログラムの内容 
 TOPICS Xは勉強会年4回実施・プレゼンテーションは年1回3時間(プレゼン2時間、読み込み×意見交換1時間想定)の年間プログラムです。
勉強会では、毎回テーマに関する有識者をゲストに招いてのインプットトーク+ディスカッションにて構成。1回の時間を長く取り、インプットの質の向上とディスカッションの時間をより手厚くし、参加者同士の意見交換を通した密度高い交流を図ります。

お問合せ先
 2019年度のプログラム開始は4月より1年間となりますので、TOPICS Xにご興味・関心がある企業の皆さまは2019年3月末までにお申込みください。なお、見学のお申し込み、詳細についてはお問い合わせフォームに(お問い合わせの内容・御社名・ご担当者名・ご担当者連絡先e-mail)にご記入の上、ご連絡をお待ちしております。 

お申込みフォーム http://trinitydesign.jp/contact/general/

HOMEへ戻る

2018年12月14日

「法務パーソンのためのデザイン入門」第10回「新橋・法務レクチャー会(TAYL10)」に弊社山口が登壇しました。

次世代を担う企業法務人材が集うトークセッションイベント兼勉強会「TAYL(Talk As You Like)」にトリニティ取締役 山口崇が登壇しました。
ご来場いただきました皆さまに御礼申し上げます。
 
「TAYL」は今回で10回目を数え、企業の法務担当者を中心に、弁護士、法務翻訳者など、法務に関わる人々が集う次世代のためのトークセッションイベントです。

_dsc5179

弊社山口からは「法務パーソンのためのデザイン入門」としてレクチャープレゼンテーションを実施しました。
そもそも「デザイン」とは何なのか、なぜいま「デザイン思考(デザインシンキング)」が必要とされているのかを社会の変化や背景の変遷とも合わせて解説。
 
また、「共創」「クロスインダストリー化」がすすむ現代において、法務とデザインが協力しながら創造的な組織を構築していくために「法務パーソンであるからこそできること」を、デザインコンサルティングを長く実施してきた立場から提言しました。
当日は多くの方が出席され、非常に熱心にメモを取りながら聴講されている方も多数おみえになりました。
_dsc5196

「法務パーソンのためのデザイン入門」第10回「新橋・法務レクチャー会(TAYL10)」 参加者の声
会場にお越しいただいた方にご感想をいただきました。
・法務パーソンとしての行き詰まりを感じていたが、今日のプレゼンテーションを聞いて、まだやれることがあると気が付いた。
・普段、業務をストップさせるなど揶揄されがちな業務が多いが、法務だからこそできることについての提言は、これからの法務のあり方として納得できた。
・法務だけにとどまらず、デザインや新規事業開発を推進するために何ができるかを考えるヒントになった。

プレゼンター(講師) 山口崇
トリニティ株式会社取締役
Adaptive Insight Academy デザインシンキング講師

大学でグラフィックデザインを専攻後、スポーツメーカーにてゴルフウェアのデザインを経験。その後デザインをビジネスに活かすべく米国公認会計士や中小企業診断士の勉強をしつつブランドコンサルティング会社にてVI やCI を中心としたブランディング業務に転身。現在はトリニティにてデザインを主軸としたコンサルティング業務に従事。
携帯電話、車両のデザインプロジェクトのプロデュースをはじめ、主に新興国におけるエスノグラフィ調査、有識者調査、現地のデザイナー達とのワークショップを通じた価値観調査などを推進する。
近年はトリニティの知見をベースとした、デザイン&イノベーションワークショップの企画・実施・ファシリテーションも積極的に行う。


トリニティコメント
「デザイン思考(デザインシンキング)」がブームとなって久しいですが、如何に取り入れ、活用するかについてはまだまだ実践に至っていないところが多い印象です。
固いイメージのある法務の皆様が、新しい方法を取り入れ、いままでにないあり方を模索する現場を拝見し、これからの世代が異分野協働で開発を行うための基礎づくりが整いつつあると実感しました。
(執筆 リサーチャー 中森志穂)


 
日本で最初のデザインコンサルティング集団。
社会にデザインの力を届けます。

 
デザインコンサルティングとして長年日本のプロダクトデザインの現場に関わってきたトリニティは、デザイン思考(デザインシンキング)の活躍領域を深く理解できる人材の開発支援も行っています。
これまで培ってきた知見を自分たちの手元に留めず、広く世の中に伝えることは、私たちの重要なミッションです。
 
・デザイン思考(デザインシンキング)の手法を取り入れたい
・最新のデザイントレンドや未来の予測を聴きたい
・デザインでイノベーションを生みたい

トリニティの取り組み一覧はこちらから

 

「デザイン思考(デザインシンキング)」の導入に興味・関心のある企業様は、こちらからお問い合わせください。
お問合せフォーム http://trinitydesign.jp/contact/general/

HOMEへ戻る

2018年12月10日

自動車サプライヤーによる合同デザイン研修~SSD スーパーサプライヤーby デザインアクティビティ

SSDとは?
2018年で4年目を迎えるSSD(スーパーサプライヤーby デザインアクティビティ)は、デザインの視点で日本の自動車サプライヤー達が世界で勝つ!為の学びの場として設計されました。
%e3%83%ad%e3%82%b4
「自動運転」、「コネクテッドカー」など、自動車をとりまく状況が大きく変わる中、サプライヤー各位には「自社の強みを生かした商品力」とその「提案力」が強く求められています。

ここでの重要なカギは「人材育成」。
各段階に応じた教育や研修を行い、知見を高めることで、社内のデザイン視点を強化し、従来のものづくりのスキームをバージョンアップさせること。
ひいてはサプライヤー内部から、自分たちの力で “スーパー”サプライヤーに変革していくこと。

こういった状況に応え、trinityでは会社や職種をも横断する自律型のデザインラーニングプログラムを推進してきました。

SSDは初回以来、素材から加工メーカーまで幅広い企業の皆様にお集まりいただき、
有識者による講演やワークショップを通じて、名刺交換を超えた各企業の交流の場ともなっています。

――
2018年度のSSD
2018年度のテーマは「ワークショップを、通じてコンセプトづくりからプロトタイピングまで一連の流れを体験しながら共創プロセスを学ぶ」。
参加企業は旭化成(株)、カルソニックカンセイ(株)、パイオニア(株)、(株)東海理化、トヨタ紡織(株)ほかの日本を代表するサプライヤー6社から、36名の若手・中堅メンバーに加え、16名のマネージャーが参加しました。

2018年7月~11月までの約4か月にもおよぶロングスパンのデザイン教育プログラムは、11月2日(金)にゴールを迎えました。
_mg_3142

2018年度SSDプログラム
プログラムは全3回に分けて実施されました。

▼第1回 クロスオーバートレンドプレゼンテーション&クロストーク 7月
今後の市場を構成する“人”を読み解くためのインプットを行いました。
 
クロスオーバートレンドプレゼンテーション
trinityが長年にわたり、継続的に実施している「クロスオーバートレンド」は、プロダクト、インテリア&建築、ファッション領域の最新デザイントレンド情報を国内外の展示会等への現地取材で収集し、「領域を横断したデザイントレンド」を捉えたレポートです。
※クロスオーバートレンド http://trinitydesign.jp/workmenu/designresearch/

クロストーク
テーマに関する有識者2名をお招きし、モデレーターはトリニティ兵頭が務め、クロストークを開催。参加者全員と活発な質疑応答も踏まえ、これからのモビリティ市場に関する新たな視点について活発な議論が行われました。
 
▼第2回 デザインアイデアプロトタイピング 9月
課題テーマにおけるコンセプトや提案の骨子、具現化に向け、参加者それぞれの専門性を活かしながら共創。
参加した1社6名の若手・中堅メンバーをミックスし、異業種・異職種混合の6チームが生成されることで、バックグラウンドや考え方が異なる同世代のメンバーとのコミュニケーションが必要になりました。

▼第3回 デザインアイデアプロトタイピング&コンテスト 11月
前半の4時間は、前回に続きチーム毎に考えたコンセプトを具現化する段ボールを使ったプロトタイプを制作。段ボールはこの活動に賛同頂いた株式会社美販よりご協賛いただきました。後半の3時間は、各チーム発表。
審査は、各社マネージャに加え、日経デザイン編集長 花澤 裕二氏との協議で決定。
優秀賞、ユニークアイデア賞の受賞チームが選出されました。

_mg_3586
日経デザイン編集長 花澤 裕二氏に審査・講評をいただきました。

==
皆さまのご感想を一部ご紹介します。
クロスオーバートレンドプレゼンテーションの感想
・自分では探しきれないような情報まで知ることができ、参考になった。
・カテゴリーわけされ、多くのビジュアルが用意されているので興味深く頭に入ってきやすい。
・各業界の過去からの変遷を確認しながら、現在のトレンドを確認でき、漠然としたイメージを再確認できる。日常業務へのアウトプットはもちろんのこと、個人で展示会に行く際にも確認すべきことを整理できるため非常に参考になっております。

ワークショップ参加者の声
・グループで結束が高まり、日々の中でもなかなか出来ないワークが出来た。全員参加でアウトプットも見ごたえがあるものにする事が出来とても有意義なプログラムになったと思います。(マネージャー)
・課題に対してコンセプトをまとめ、一つのモックに落とし込む一連の流れをフルに学べた。(参加者)
・異業種間の方々とのコネクションづくりができた。デザイナーのものの考え方を知ることができた。(参加者)
・自分のレベルを客観視できたため、今のレベルを把握することが出来た。今のレベルからどこまで引き上げる必要があるか、またどのように引き上げていくかを考える良い機会だった。(参加者)
・視野や考えることの幅が広くなったと考えています。(参加者)
 
============
コメント
企業での研修はさまざまな工夫をこらしても、畢竟、受け身の学習となりがちな部分があります。
SSDでは、プログラムを通じて主体的・自律的に参加者がより高みを目指す空気が醸成されており、すべての参加者が熱意をもって、想定以上の努力でワークに取り組まれておられました。最終的に順位はつけられたものの、各自が得られたトライアルの経験や知識の体験的な理解は唯一のものであろうと思われました。
また、サプライヤーの共同研修としていることから、人を育てる意識の高い各社のマネージャーも現場に参画され、相乗効果が見られました。(trinity リサーチャー 中森)

==
※この研修の様子は「日経デザイン12月号」(11/24発行)の「ニュース&トレンド」に掲載されました。
日経デザイン2018年11月号
また、「日経クロストレンド」にも掲載されています。
・B2B企業もデザイン力向上へ 共同で若手の教育プログラム 
 
使用した段ボールはこの活動にご賛同いただいた 株式会社 美販 様よりご提供いただきました。
 半球ドーム型スクリーンや折り畳みスツールなど、段ボールの枠を超えたやデザイン性の高い製品の開発に、
 産学連携プロジェクトなども活用しながらチャレンジングに取り組まれています。
 株式会社 美販 ウェブサイト http://www.bihan.jp/ 

==

Social Care Design

 
「気づき」の場を創り、出会いを創る、
トリニティのエデュケーションプログラム

 
どんなに変化が激しく将来が見通しづらい環境でも「次」を生み出すのはいつも「ひと」です。
トリニティは通常の教育プログラムとは一線を画した実践的な学びの場を設けています。
 
・異業種共創型ワークショップ
・デザイン・イノベーティブ・ワークショップ
の詳細はこちらから。

SSD(スーパーサプライヤーby デザインアクティビティ)に興味・関心のある企業様は、こちらからお問い合わせください。
お問合せフォーム http://trinitydesign.jp/contact/general/

SSD担当 兵頭武信 クロスオーバーでトレンドの分析を実施。
(執筆 リサーチャー 中森志穂)

HOMEへ戻る

2018年12月6日

JIDAで、トリニティの次世代研修「デザイン思考マラソン」のプレゼン開催!

2018年11月30日(金)に、JIDA主催「新興国デザイン思考セミナー2018~デザイン思考的観点からの体験共有~ 」のタイトルで研修発表会が開催されました。
場所は浜松町ビルディングのコミュニティラウンジ「ハマラボ!!!–浜松町研究所–」です。

jida_selected_compressed4

次世代人材トレーニングプログラム「デザイン思考マラソン」プログラム概要
デザイン思考マラソンは、異なる業界から集まった若手人材たちが様々な専門性や価値観を持つチームとなって、「レポートだけでは得ることのできない、新興成長市場における深いインサイトの体得」と、「その成果を製品・サービスへと昇華するアイディエーション」に取り組む、約6ヶ月間のマルチクライアント型トレーニングプログラムです。
 
新興国2か国への1週間にわたる滞在中、その国の家庭にホームステイすることで、活きたエスノグラフィを体感し、視点を身につけることができる実践型のプログラムです。
— 

公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 理事 佐藤 敏明氏 インタビュー
日本で唯一のインダストリアルデザイナーの全国組織であるJIDAで理事を務める佐藤 敏明氏にインタビューさせていただきました。
デザイン思考マラソンの魅力、これからのデザインが果たす役割などをお話いただいています。

Q.デザイン思考マラソンの魅力は何だと思いますか?
【複数の立場の人と行動をともにすると既成概念をずらすことができる】
僕が興味があったのは、マルチクライアントプログラムという面で、いろいろな部分でヒントになると思いました。
一社で行くと、必ず目的があって、例えばランチを食べに行くにしても、その人、もしくはその人は行くところが決まっていて、例えばランチといえばラーメンなど。
それでも、複数の人でいけば、サンドイッチやカフェなど、それぞれ違う人がいて、たとえば仲間と一緒にご飯を食べながら話した方が仕事が進みやすくなるとか、デスクでおにぎりやサンドイッチを食べながら仕事をした方が早く終わるとか、そういう、他所の考えも実体験できると、自分の考えや自分たちの既成概念とかも気づいたりできるのではと思っています。

Q. デザイン思考はどのような職種の人に役立つでしょうか?
【サービスを構築するすべての人に】
デザインの意味が昔と違ってきていて、以前までならデザインといえばカタチとかカラーみたいな意味が強かったけど、現在はどういう風に暮らしの中からヒントをもらって、次のステージに上げていくのか、あるいは今日のインドやベトナムのように、産業の活性化や経済成長をしていく国の中で、単にプロダクトをデザインするのではなく、サービスをどのように構築していくのかというところがデザインの役割になって生きていて、デザイナーや商品企画の人が行くのもいいけど、教育関係の人や金融や警備・行政などいろいろな立場の人がこのプログラムに行くのはとても良いことだと思います。

— 
発表の様子 新興国デザイン思考セミナー2018~デザイン思考的観点からの体験共有~
本イベントでは、「2018年度 新興国”デザイン思考マラソン”プログラム」に参加した各社のインハウスデザイナーたちの体験報告とJIDA会員を含む聴衆者参加によるミニ・ワークショップを実施。
jida_selected_compressed5
聴講者からも、現地で実際に見て感じたことや、獲得したインサイトから商品・サービスをアイディエーションするまでの思考のプロセスなど、様々な質問が寄せられていました。

Print
また、ミニ・ワークショップではプログラム参加者たちが体験したインサイトと、聴講者たちの知見を比較するディスカッションが行われました。
各業界を支えてきたデザイナーの聴講者と、最新の現地事情を体感してきたプログラム参加者たちの異なる視点を共有し、熱のこもったセッションとなり、盛況のうちにイベントを終えることができました。

トリニティコメント:
新しいサービスの開発には既成概念にとらわない複数の視点を持つことが重要。デザイナーだけではなく、事業企画やサービス開発など、新しいコト・モノを作り出すすべての人にとって「デザイン思考」が注目されています。
既成概念を払い、深い洞察を得る方法の取得のため、トリニティでは様々な職種・企業の方が同時に体験、ディスカッションできる場を提供しています。
これからの時代にますます必要とされる越境型人材をトリニティは創り出します。

*デザイン思考マラソンの詳細はこちらをご参照ください。
(http://trinitydesign.jp/news/2013/)

12月13日(木)にはTrinityオフィスにて2019年度「デザイン思考マラソン 」の説明会が実施されます。
現在席に空きができましたので、ご興味のある方は12月12日(水)までに下記のフォームよりお問い合わせください。

最新情報はこちらから!

トリニティの新興国デザイン思考マラソンのスペシャルサイトでは
参加者の声やプログラムの詳細など、しっかりご確認いただけます。

最新情報
http://trinitydesign.jp/dtm/

HOMEへ戻る

2018年12月6日

健康をデザインする――プレゼンティズムから考える健康経営 ~トピックス X 第5回実施レポ ~

“健康がパフォーマンスに与える影響を真摯に考える”
2018年11月29日(金)、TOPICSの参加企業の1社であるコクヨの東京ショールーム にて、トピックス X 2018の第5回が、“健康”をテーマに実施されました。

topics_5th_selected-1

“トピックス(TOPICS)”は、世界で唯一の異業種・複数社混成のインハウスデザイナーの活動として、2008年に始まりました。
以来今年で10年、トリニティは事務局として毎年の活動の企画から、運営までを一貫して行っています。
 
今期、ご参加頂いているのは、日産自動車株式会社、アイシン精機株式会社、株式会社オーテックジャパン、コクヨ株式会社、株式会社タニタ、TOTO株式会社、任天堂株式会社、パイオニア株式会社、パラマウントベッド株式会社、三菱重工業株式会社、三菱電機株式会社の計11社という、いずれも日本を代表する企業様で構成されています。


今回のゲストはDeNA CHO室 室長代理の平井孝幸氏。
働き方が多様化する中で、これまで重点を置かれていなかった健康に焦点を当てながら、いかにパフォーマンスを最大化することができるのかというインプットトークを行い、その後にグループに分かれて、自分たちが感じている普段の悩みから健康をクリエイティブに促進するアイデアを生み出すワークショップを実施しました。
topics_5th_selected-6

長時間同じ姿勢でいることによる肩こりや腰痛、寝不足、さらには二日酔いなどによってパフォーマンスが低下するプレゼンティズムは、まだ日本ではなじみが薄く、その重要性は海外と比較すると遅れをとっている状態にあると平井氏は指摘。

topics_5th_selected-4
その中で、いかに健康を前面に押し出さず、運動や何気ない生活への気遣いを促進できるのかを各課題ごとにグループから盛んなディスカッションが巻き起こっていました。

*プレゼンティズム=従業員が出社していても、何らかの不調のせいで頭や体が思うように働かず、本来発揮されるべきパフォーマンス(職務遂行能力)が低下している状態のこと。(「日本の人事部」参照)

また、休憩の合間には、コクヨが開発した世界で最もイスに座る時間が長い日本の労働環境を変えるオフィスチェア「ing」の体験も実施されました。
topics_5th_selected-2
 
ing公式WEB
https://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/ing/

人生100年時代を迎えるこれからの環境の中で、健康とパフォーマンスの関係性をデザイナーは自分事以上に、どのように社会に貢献ができるのかという内容を深く考えるセッションとなりました。


トリニティは「デザインで変えていく」をミッションに、
さまざまな切り口から異業種・複数社混成のプログラムを実施しています。
ことなる視点からの知見や、業界外のネットワーク獲得など
新規事業開発や未来をつくるデザイン・企画を生み出すひとを支援します。

Social Care Design

 
「気づき」の場を創り、出会いを創る、
トリニティのエデュケーションプログラム

 
どんなに変化が激しく将来が見通しづらい環境でも「次」を生み出すのはいつも「ひと」です。
トリニティは通常の教育プログラムとは一線を画した実践的な学びの場を設けています。
 
・異業種共創型ワークショップ
・デザイン・イノベーティブ・ワークショップ
の詳細はこちらから。

インハウスデザイナーの勉強会“トピックスX”、次回は2月中旬開催。
興味・関心のある企業様は、こちらからお問い合わせください。

お問合せフォーム http://trinitydesign.jp/contact/general/

HOMEへ戻る

2018年11月22日

新興成長市場のインサイト獲得力をデザイン思考ベースの異業種連携アクティブラーニングで培う「デザイン思考マラソン」−−2019年度説明会が12/13(木)、 2/7(木)に開催!

スペシャルサイト公開中!

トリニティの新興国デザイン思考マラソンのスペシャルサイトが公開されました!
参加者の声やプログラムの詳細など、しっかりご確認いただけます。

http://trinitydesign.jp/dtm/
 

2019年2月7日説明会受付中

デザインリサーチ&コンサルティングを行うTrinityが手がける、「デザイン思考マラソン 2019」の説明会が2018年12/13(木)、2019年2月7日(木) にTrinityオフィスにて実施されます。

keywords: デザイン思考 / アクティブラーニング / 新興成長市場での滞在を通じた深いインサイトの獲得 / 異業種連携による視点の多様化 / プロジェクト推進のための自主性を養う

「デザイン思考マラソン」プログラム概要
デザイン思考マラソンは、異なる業界から集まった若手人材たちが様々な専門性や価値観を持つチームとなって、「レポートだけでは得ることのできない、新興成長市場における深いインサイトの体得」と、「その成果を製品・サービスへと昇華するアイディエーション」に取り組む、約6ヶ月間のマルチクライアント型トレーニングプログラムです。

vietnam_selected_1808130

プログラムの特徴
本プログラムの最大の特徴は、トリニティが実践する方法の1つである、「仮説起点型リサーチ」をベースに、インサイト獲得のためのリサーチスキームの獲得方法の設計から、実地調査、リサーチ成果に基づいたアイディエーションまでを一貫して、参加者が主体的に取り組むという点にあります。

これにより、デザイン思考の基本となる、「観察/共感」、「問題定義」「アイデア創出」、「プロトタイピング」、「検証」を現地生活者との実際のインタラクションを通じて学ぶことによって、より実践的な力を養うことが可能です。

また、これまでの業務の中でトリニティが培ってきた豊富な現地ネットワークにより実現する、現地家庭でのホームステイや現地生活者とのワークショップにより、「生の声」を直接知ることで、参加者の日常業務の中での意識改革にも貢献します。

india_1

—-
プログラムのタイムライン
トレーニングプログラム期間:2019年5月~10月
4steps_800
2019/5~7 STEP1 事前準備
・デザイン思考の基本レクチャー
・現地での情報収集&インサイト獲得プロセス&方法の設計

2019/7 or 8(10 days) STEP2 新興成長市場訪問
・現地メンバーとワークショップ(1日)/フィールドワーク(1日)/ホームステイ(1.5日)/自由視察(0.5日)×2か国 + 移動(合計2日間)
*来年度のプログラムは今まで1週間だった現地訪問を10日間に延長し、さらに深い現地体験をしていただきます。

2019/8~9  STEP3 情報整理&アイディエーション
・獲得したインサイト整理
・アイディエーション

2019/10(1 day) STEP4 プレゼンテーション
・参加企業関係者様へのStep1~Step3の成果発表&他社の上司の方々との意見交換&深堀り

■ 参加対象
20代~30代の若手デザイナー/企画/マーケティング/技術開発担当者/研究者

■ 定員
20名(お申込み多数の場合は抽選となります。)

■ 申込締切
2019年4月末

■ 参加費
1名120万円(消費税抜き)

■訪問国
インド/インドネシア(予定)

※ ご参加者の航空券 / 宿泊費 / 滞在国でのプログラム内容以外の滞在費は含まれません。
※ 全てのプログラムに弊社スタッフが最低1名同行します。
※ 本プログラムの報告書作成、弊社側による写真やビデオ撮影などの記録は別途費用が掛ります。
※ STEP4のプレゼンテーションには、次回参加検討企業担当者も同席させて頂く可能性があります。

—-
2018年度参加者の声
2018年度に実施したデザイン思考マラソンに参加の皆さまにインタビューし、参加してみての感想をお伺いしました。

インタビューから抜粋
「違う答えがあるかもしれない」と考えながらデザインする習慣ができた
今は、国内向けの商品の企画を担当しているため、同じ日本人だから何となく、考えなくても、日本人がどんな気持ちなのかは想像できるつもりになっていました。
それに対して、インドやベトナムの人は思いもよらない回答が返ってくるので、これからデザイナーとして、常に「こういう回答が返ってくるかもしれない」、「違うところにヒントがあるかもしれない」と考えながらデザインをする習慣はできたと思います。
最終的なカタチに関してではなく、常に考え方のプロセスとして、自分の知らないところに何かがありそうだなという意識付けするという意味ではできるかなと思います。

資料では掴めない本音がある。声を聴いて世界観を創ることを始めたい。
現地の人の生の声を聴けるのが一番大きいと思います。資料だとなかなか本音を掴めないというのがいつも感じていることなので、生の声を聞くという体験はとてもためになりました。当初決まったときは、だいたいこんな感じでアウトプットを出せばいいんだろうなというイメージがあったんですが、
発表時点では、まったく違うものとなっていて、普段ネットなどで集めている情報がいかに嘘ではないけれど、その人たちに寄り添ったものではなかったということを感じました。
普段はインテリアのIPやコンソルなど諸々をモノとしてデザインしてしまうんですが、現地の人の価値観を生で知って、空間の考え方そのものを考えてデザインするべきだなと思いました。
日本人と空間の考え方が違うと感じていて、今まではいきなりソリューションに目を向けていましたが、これからはもっと声を聴いてから、世界観を作るところから始めたいと思います。

人や価値観が作られた背景を感じ取り、気持ちを寄り添わせる。
その環境がその人たちにとっては当たり前だという事実に対して、いかに自分の気持ちを寄り添わせることができるのかということを経験するという意味では、とても良いプロジェクトだったと思います。
現地の外からリサーチをしたり、フィールドワークをせずにデザインをする人たちにはこのプログラムは向いていると思います。

—-

デザイン思考マラソンの魅力、これからのデザインが果たす役割
公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 理事 佐藤 敏明氏 インタビュー
日本で唯一のインダストリアルデザイナーの全国組織であるJIDAで理事を務める佐藤 敏明氏にインタビューさせていただきました。

Q.デザイン思考マラソンの魅力は何だと思いますか?
【複数の立場の人と行動をともにすると既成概念をずらすことができる】
僕が興味があったのは、マルチクライアントプログラムという面で、いろいろな部分でヒントになると思いました。
一社で行くと、必ず目的があって、例えばランチを食べに行くにしても、その人、もしくはその人は行くところが決まっていて、例えばランチといえばラーメンなど。
それでも、複数の人でいけば、サンドイッチやカフェなど、それぞれ違う人がいて、たとえば仲間と一緒にご飯を食べながら話した方が仕事が進みやすくなるとか、デスクでおにぎりやサンドイッチを食べながら仕事をした方が早く終わるとか、そういう、他所の考えも実体験できると、自分の考えや自分たちの既成概念とかも気づいたりできるのではと思っています。

Q. デザイン思考はどのような職種の人に役立つでしょうか?
【サービスを構築するすべての人に】
デザインの意味が昔と違ってきていて、以前までならデザインといえばカタチとかカラーみたいな意味が強かったけど、現在はどういう風に暮らしの中からヒントをもらって、次のステージに上げていくのか、あるいは今日のインドやベトナムのように、産業の活性化や経済成長をしていく国の中で、単にプロダクトをデザインするのではなく、サービスをどのように構築していくのかというところがデザインの役割になって生きていて、デザイナーや商品企画の人が行くのもいいけど、教育関係の人や金融や警備・行政などいろいろな立場の人がこのプログラムに行くのはとても良いことだと思います。

2019年度“ デザイン思考 マラソン ”プログラム 説明会概要

■日時
2018年12/13(木)17時~19時
2019年2/7(木)17時~19時

■定員
20名

■参加料
無料
*定員になり次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申込ください。

■会場
トリニティ株式会社 会議室
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-29 NGA紀尾井町ビル6階
Phone:03-5211-5150 Fax:03-5211-1520
http://trinitydesign.jp/companyinfo/

過去実積のご紹介の他、過去の参加者からのリアルな体験談もお話頂く予定です。是非ともこの機会を利用して疑問質問をぶつけて頂き、皆様にとっての費用対効果やメリットデメリットなどを体感頂ければと思います。
説明会ご参加希望の方は以下のフォームまでご一報をお待ちしております。

—-
■資料請求、説明会参加希望ほか お問い合わせ先
トリニティ 新興国“デザイン思考 マラソン”プログラム担当
お申込みフォーム http://trinitydesign.jp/contact/general/
メールでのお問い合わせ info[at]trinitydesign.jp

お名前:
御社名:
ご所属:

をお書き添えください。

HOMEへ戻る

2018年11月22日

サプライヤーのデザイン力向上を図る”SSD”の活動が「日経デザイン2018年11月号」に掲載されました。

「日経デザイン2018年11月号」NEWS & TRENDのコーナーにて、弊社の取り組みが掲載されました。

掲載誌
「日経デザイン2018年11月号」
・NEWS & TREND
 ”素材・部品メーカーがデザイン力向上へ、共同で若手の教育プログラム”
日経デザイン2018年7月号
 
記事には開催当日の様子などが掲載されています。
花澤編集長には、SSDの審査員としてもご参加いただき、サプライヤーの若手デザイナーの取り組みを評価いただきました。

==

SSDとは?
2018年で4年目を迎えるSSD(スーパーサプライヤーby デザインアクティビティ)は、デザインの視点で日本の自動車サプライヤー達が世界で勝つ!為の学びの場として設計されました。
 
「自動運転」、「コネクテッドカー」など、自動車をとりまく状況が大きく変わる中、サプライヤー各位には「自社の強みを生かした商品力」とその「提案力」が強く求められています。

ここでの重要なカギは「人材育成」。
各段階に応じた教育や研修を行い、知見を高めることで、社内のデザイン視点を強化し、従来のものづくりのスキームをバージョンアップさせること。
ひいてはサプライヤー内部から、自分たちの力で “スーパー”サプライヤーに変革していくこと。

こういった状況に応え、trinityでは会社や職種をも横断する自律型のデザインラーニングプログラムを推進してきました。

SSDは初回以来、素材から加工メーカーまで幅広い企業の皆様にお集まりいただき、
有識者による講演やワークショップを通じて、名刺交換を超えた各企業の交流の場ともなっています。

==

Social Care Design

 
「気づき」の場を創り、出会いを創る、
トリニティのエデュケーションプログラム

 
どんなに変化が激しく将来が見通しづらい環境でも「次」を生み出すのはいつも「ひと」です。
トリニティは通常の教育プログラムとは一線を画した実践的な学びの場を設けています。
 
・異業種共創型ワークショップ
・デザイン・イノベーティブ・ワークショップ
の詳細はこちらから。

SSD(スーパーサプライヤーby デザインアクティビティ)に興味・関心のある企業様は、こちらからお問い合わせください。
お問合せフォーム http://trinitydesign.jp/contact/general/

 %e3%83%ad%e3%82%b4

SSD担当 兵頭武信 クロスオーバーでトレンドの分析を実施。
(執筆 リサーチャー 中森志穂)

HOMEへ戻る

2018年10月19日

10/28 高齢者向け移動を考える「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム 2018」 ポスター発表のお知らせ

来る2018年10月27日(土)、28日(日)に高齢社会に向けての移動を考える
「くらしの足をみんなで考えるフォーラム 2018」(於:東洋大学白山キャンパス)が開催されます。
トリニティは、これまでに実施してきた福祉-エレクトロニクスの異業種連携支援の取り組みをポスター発表します。

■くらしの足をみんなで考える全国フォーラムとは?
少子高齢化が進む中で、日常の通院や買い物等に困難を抱える人々が全国で増え続けています。
このくらしの足の問題を解決するために、当事者、行政職員、研究者、バス・タクシー事業者、
福祉・介護・医療の従事者、NPOなど、多くの関係者が集まり、地域を越え、立場を越え、
利用者・生活者の目線をベースとして本音で語り合い、お互いを知り合い、
それぞれが抱える問題解決のヒントを得る「気づき」の場として、本フォーラムを開催します。
(公式HPより引用)https://zenkokuforum.jimdo.com/

■トリニティのポスター発表内容:
デザインとリサーチで異分野である福祉領域へ老舗企業が進出

私たちトリニティは、デザインコンサルティング会社として現場の事実やニーズ、
そしてその根底にある「感情」や「期待値」を
調査スキルで救い上げ、デザイン思考をはじめとするデザインの手法でクリエイティブな未来を創りだしています。

パイ型モニター

・パイ型モニター
私たちには伴走してくれる、若い現場のプロフェッショナル・コミニティがいます。
ソーシャルワーカーを中心とした、福祉・医療・子育て事業に従事する専門家達です。
彼らは、「パイ型モニター」。
パイ型とは、その文字が示すとおり、複数の専門を持った上で、それを複合し客観視できるチカラのある人材です。
>>福祉領域を理解する、有識者ネットワーク「π型モニター」

・異分野と協業した新規事業アイデア創出
今回のポスター発表では、老舗エレクトロニクス企業の最新技術を介護・医療の分野に活かすために
実施したワークショップのプロセスと成果を発表します。
若く現場で活躍している有識者を巻き込むことで、より現場に寄り添った商品アイデアが抽出されました。
単なる情報ではなく、インサイトを深く拾い上げ、異分野での新規事業を立ち上げるための手法は、
日本で最初のデザインコンサルティング集団であるトリニティが
クライアントの皆様とさまざまな分野で培った知見が活かされています。

■ポスター発表日時
10月28日(日)9:00~16:30
コアタイム:11:30~14:50

■その他の見どころ
ポスター発表当日は基調講演、討論会も予定されています。
・基調講演「ITは『くらしの足」を救う?」 9:50 ~11:30
発表と討論 水野羊平(永井運輸(株))、山崎友寛(静岡県地域交通課)
コーディネーター:加藤博和(名古屋大学)、伊藤昌毅(東京大学) ●「白熱討論」 発表と討論:

・白熱討論「愉しみのための生活交通をどう創っていくか」14:50~16:30
「行かなければならない外出」だけではない移動とは?
高齢者の免許返納なども念頭に置きつつ、それぞれの立場から語ります。
発表と討論:鎌田実(東京大学)、篠原俊正(ハートフルタクシー)、新井啓明(小平市役所)
コーディネーター:岡村敏之(東洋大学)

■フォーラム概要
大会名:「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム」
開催日程:2018年10月27日(土)・28日(日)
※ポスター発表は28日(日)のみ
開催場所:東洋大学 白山キャンパス
主催:くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2017事務局
共催:公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団
プログラム詳細:https://zenkokuforum.jimdo.com/
参加費:3000円

ご興味がありましたらぜひお立ち寄りください。


Social Care Design

 
トリニティでは、
福祉・介護・医療・子育て分野の次世代のリーダー達と共に、
「ソーシャルケアデザイン」という活動を推進しています。

 
介護・福祉・医療・子育てといったソーシャルケアの分野において、複数の領域の専門性をもつ現場経験者「π型(パイ型)モニター」のネットワークとデザインで鍛えた「調査」「観察」「デザイン思考」「見える化」等のチカラで、現場の課題解決につながるモノやサービス、しくみを提案していきます。

HOMEへ戻る

2018年9月27日

今後の経済新興市場における「次世代中間層のインサイト」を探求する、“デザイ思考”マラソン 最終ミーティングを終え、いよいよ成果発表会へ

本プログラムは、現地生活者とのワークショップ・フィールドワーク・短期ホームステイ等を通じて、今後の経済新興市場における「次世代中間層のインサイト」を探求する、マルチクライアントプロジェクトです。第6回目となる本年度は、インドとベトナムの両国にて短期滞在ました。

design_thinking_marathon-1

成果発表会直前の最後のミーティングとなった今回は、それぞれが担当するパートのプレゼンテーションのブラッシュアップと会場の演出案に関するディスカッションを実施。
プレゼンテーションの準備では、参加者全員がフィードバックをし、内容を精査することで、発表者だけでなく、自分たち自身のプレゼンテーションの内容も結果的にアップデートされていきました。

design_thinking_marathon-2

design_thinking_marathon-3
各グループが互いに刺激を与えあうことで、内容がさらに洗練されていました。
現在は、本番当日に向けて最終調節を迎えています。
こうして出来上がったプレゼンテーションは、10/5(金)の最終成果発表会で、各参加企業の上司の皆さまや来年度の参加を検討されているオブザーバー企業の皆さまの前で発表となります。
*発表会をご見学されたい方は、下記の連絡先にお問い合わせください。

■お問い合わせ先
トリニティ 新興国“デザイン思考 マラソン”プログラム担当
お申込みフォーム http://trinitydesign.jp/contact/general/
メールでのお問い合わせ info[at]trinitydesign.jp

 

<新興国“ デザイン思考 マラソン ”プログラムについて>

“本プログラムは、インド(ニューデリー)とベトナム(ホーチミン)の2か国に短期滞在し、現地生活者とのワークショップ・フィールドワーク・短期ホームステイ等を実施。デザイン思考的観点からインドとベトナムそれぞれに特有/共通するUX潮流&インサイト&価値観を探求し、そこから商品・サービスアイデアを創り上げていく、約5ヶ月間のマルチクライアント型トレーニングプログラムです。
デザイン思考はそのプロセスを頭で理解しただけでは機能しません。また如何に多様な視点観点を持てるか~がその成果に直結します。
本プログラムにて様々な業界・専門性・価値観を持つ日本&海外の仲間たちと共に、ディープなフィールドにおける生の体験を通じて、デザイン思考的スタンスやマインド含めて体得し、デザイン思考を真に活用できる‘Real Design Thinker’への第一歩を踏み出してみませんか?”
*今年度の募集は終了いたしました。

 

来年度以降の実施に関しては、下記へご連絡ください。
■お問い合わせ先
トリニティ 新興国“デザイン思考 マラソン”プログラム担当
お申込みフォーム http://trinitydesign.jp/contact/general/
メールでのお問い合わせ info[at]trinitydesign.jp
→資料ダウンロードはこちらをクリック

———————————————————————————————————

「新興国 “ デザイン思考 マラソン ” プログラム」を担当しているトリニティの西本です。
5月から始まったこのプロジェクトも振り返るとあっという間でした。
(参加者だけでなく、トリニティのメンバーも伴走し、駆け抜けています!)
自分の日常の業務の中ですっかり習慣となっていた参加者の方々とのコミュニケーションや毎月のミーティングがもう終わってしまうのかという
淋しさもありますが、今回のプロジェクトを通じて、みなさんが新しい気づきやインスピレーションを得てもらえたことを祈っています!

最新情報はこちらから!

トリニティの新興国デザイン思考マラソンのスペシャルサイトでは
参加者の声やプログラムの詳細など、しっかりご確認いただけます。

最新情報
http://trinitydesign.jp/dtm/

HOMEへ戻る

2018年9月4日

コ・クリエーションを担う人材の育成について考える ~トピックス X 第3回実施レポ ~

”ブロックを用いたワークショップで多様性を持つ人材への一歩を“体感”する”

2018年8月24日(金)、東京・代官山の会場にてトピックス X 2018の第3回が、“教育”をテーマに実施されました。

“トピックス”とは、世界で唯一の異業種・複数社混成のインハウスデザイナーの活動として、2008年に始まりました。以来今年で10年、トリニティは事務局として毎年の活動の企画から、運営までを一貫して行っています。今期、ご参加頂いているのは、日産自動車株式会社、アイシン精機株式会社、株式会社オーテックジャパン、コクヨ株式会社、株式会社タニタ、TOTO株式会社、任天堂株式会社、パイオニア株式会社、パラマウントベッド株式会社、三菱重工業株式会社、三菱電機株式会社の計11社という、いずれも日本を代表する企業様で構成されています。
_1200791

今回のゲストは高知大学地域協働学部の須藤順先生。これからの時代に求められる新しい人材教育のあり方を、インプットトーク+ブロックを用いたワークショップで理解できる2部構成。海外の論文やご自身の高知での取り組みの紹介を踏まえながら、このブロックを用いた手法がどのように共創を生み出せるのかを論理的に説明していく、さながら”ワークショップを構造的に理解するためのワークショップ”というような建付けとなりました。_1200755

インプットトーク中は熱心にメモを取っている方も多く、またワークショップ中もグループ間のコミュニケーションが非常に活発になりました。

今回活用したブロックを用いたワークショップは、共通言語を持っていない参加者同士(たとえば複数の部署でのワーク)のチームビルディングにとても有効。異業種他社同士というトピックスの空間形成にもうってつけのものとなりました。
_1200885

インハウスデザイナーの勉強会“トピックスX”、次回は10月中旬開催。興味・関心のある企業様は、こちらからお問い合わせください。

HOMEへ戻る

PAGE TOP