MENUCLOSE

NEWSお知らせ

2017年9月20日

8月24日、TOPICS 夜会にて

先日、弊社主催の“TOPICS2017 夜会”が開催されました。その模様をお伝えします。

“TOPICS”とは、日本の約10社の異業種デザイン部門が集まり交流する勉強会で、来年には10年目を迎えるトリニティの代表イベントの一つです。

今年三回目の開催となった今回は『クリエイティブ組織力向上会議』と称し、新しい社会の中で成長し続けるためのデザイン組織と人材育成について、ご参加いただいた企業さまの課題と解決案について討論頂きました。日本を代表する各分野トップメーカーのデザイン部門からマネージャーやチームリーダーなど、社内でもデザインの品質維持と組織のマネージメントと重い責務を負う立場の方々に多くご参加いただきました。

今回は参加企業のコクヨ様にご協力頂き、港区にあるコクヨ東京ショールームを会場としてお借りしました。コクヨ東京ショールームにはコクヨ様の製品の展示はもちろん、製品が使用されるシーンに合わせて展示空間が設計されているなど、訪問者が体感することに重きを置いた展示場です。コクヨ様社員の方が働くオフィススペースも併設されており、コクヨ様の日々のクリエイションを体感することができる贅沢な空間となっていました。実会場となった5Fのパブリックスペースも開放的で、こんな環境で働くことのできるコクヨ様の社員をとても羨ましく感じます。

topics4

会場に軽食や飲み物も用意し、オブサーバー役の任天堂様の挨拶と乾杯の後、和やかな雰囲気の中でのTOPICS夜会がスタートしました。まずは各企業様が持っているデザイン・クリエイティブ組織としての課題を発表して頂き、発表後それぞれの企業様へと質問となりました。業種や取り組み方などは異なりますが、それぞれの企業が持つ課題については共感する部分も多くあるようで、各参加者の方からは次々と質問が上がっていました。

_mg_3498

特に興味深く伺ったのが、デザイン部門と設計部門の橋渡しのお話。どこまでが設計でどこまでがデザインか、非常に難しい問題です。形状がそのまま機能につながる製品においてはデザインがそのまま設計に繋がります。そういった場合デザイナーと設計者の役割の線引きをどこに置くのか。出来上がってくるプロダクトも大きく影響を与えることになります。組織としても個人のデザイナーとしても無視することのできないこの課題に、参加者の企業様同時多くの意見が交わされていました。

それぞれの企業様の課題発表後は、自由形式で参加者同士がディスカッションを行う時間を設けました。発表では聞くことのできなかったそれぞれの課題と取り組みについて参加者同士熱く議論頂きました。最後にそれぞれ感想と会の成果を発表頂き、第三回TOPICS2017 夜会は終了となりました。

topics1

一世代前の時代にはなかった技術が発展し、ライフスタイルも大きく変わっている昨今、デザイナーと呼ばれる職種もひとつの専門性を極めるだけではなく、複数の分野をまたがって活躍するよう求められる場面が多くなってきています。マネージメントやビジネスなど今まではデザインの文脈で語られることのなかったジャンルも話題にあがる機会も増えて、デザイン思考も一般的に認知される段階まで来ました。製品やサービスにおけるデザインの意味合いも表面的な意匠や機能だけではなく、その背後のストーリーやコンセプトにまで関心が及んでおり、購入動機としてモノからコト、更に社会貢献にまで発展しています。ユーザーの価値観が多様化することはもちろん、これから生まれるデザイナー達も今までとは異なる新たな価値観を持っているでしょう。

回答がすぐに得られるものではありませんが、柔軟に変割り続けていくことができる組織と人材育成について、参加企業様それぞれがヒントを得られる機会が提供できたのであれば幸いです。各企業様の今後の取り組みに注目していきたいと思います。

 

次回は第四回TOPICS2017のテーマは『知覚×デザイン 聴覚の会』。

ご興味ある方はぜひご連絡ください。

<連絡先>

株式会社トリニティ

岡村貴啓

Email: yoshihiro@trinitydesign.jp

 

(文責:米山)

2017年9月12日

ロンドン視察

今年はロンドンを訪問しました。

北海道の北端より緯度が高いロンドンでは、
5月から8月の間、夜の9時頃まで日が沈まずに明るくなります。
街のカフェやパブのテラス席には、
今しか楽しめない陽気を求めて人々が集まり活気に満ちています。
対照的に、どんよりとした曇り空が続く冬の時期には、
人々はコートの襟を立てて無表情に街を行きかっており、
そのコントラストからは改めて、
気候が人の気持ちに与える影響の大きさを思い知らされます。

ちなみに日本からロンドンに行った時よりも、
ロンドンから日本に帰ってきた時の方が時差ボケが辛い、
という話を聞きましたが、こちらは本当でした!
これから行かれる方はお気を付けください。

1
<Hydeparkを楽しむロンドンの人々>

****************************************************

これは世界的な傾向でもありますが、
ロンドンにおいてもSOHOや在宅ワーク 等の働き方や働く場所の多様化が進み、
政府の政策もあり、新しい住宅にワーク用のスペースを設ける動きが進んでいます。
これまで以上に住まう場と働く場の境目が無くなっていく中、
そこに置かれる家具やプロダクトのあり方や佇まいについても、
より一層の変容が求められていくのかもしれません。

東京23区の半分程の面積であるロンドン中心部は慢性的にスペースが不足しており、
住居費に掛かる金額がとても高い状況は東京と同様です。
その中で、若いクリエーターを中心に家賃の低い郊外に移る動きが加速しており、
そうしたクリエーターが集まることで注目される個性的な街も生まれています。

ケント州のマーゲイトもそうした街の一つで、美しい海辺の景色を持ち、
元々はロンドンからの日帰りレジャースポットといった位置付けの街でしたが、
2011年にテイトギャラリーの別館がオープンしたこと、
また地元出身のアーティストのトレイシー・エミンの活動もあり、
ロンドンの若手アーティストに注目を浴びる街となり、現在では彼らの移住が進んでいます。
今後は、こうした新しい街から発信されるであろうトレンドからも目が離せません。

2
<ロンドンは比較的コンパクトな街であり、その郊外には個性的な街が生まれつつある>

****************************************************

イギリスと言えば食が美味しくない!
という事で有名になってしまっていますが、
20年ぶり位のロンドンだったのですが、
現在のモダンブリティッシュのレベルがとても向上していることに驚きました。

イギリスでは2000年代半ばにセレブリティシェフと呼ばれるスターシェフが台頭し、
一大グルメブームが起こったそうで、
それを皮切りにロンドンのレストランやカフェのレベルも一気に向上したそうです。

現在ではオーガニックをテーマとしたレストランやカフェ、スーパーマーケット 等も多く、
食を通した健康意識の高まりはロンドンを語る上では外せません。
来訪の際は、ぜひイギリス料理もお楽しみください!

3

4
<ロンドンの中心部にあるモダンブリティッシュを提供するレストラン>

(文責&写真:織田)

2017年9月12日

多様性とエネルギーに満ちた国“インド“を訪れて

9月初旬1週間のインド市場調査のプロジェクトで、ニューデリーを訪れた。
そこは“いわゆるステレオタイプのインド”とは、次元の違う空気の国であった。

9

宗教こそヒンドゥ教徒が約80%を占めるものの、数多くの神様が存在し、
それが人の生きる拠りどころとなっている。
話す言語も公用語はヒンドゥ語とはいえ、インド全体を見ると22の指定言語を持つ。
各地で全く違う言語といっても過言ではないほど違う言語が使われていると言う。
日本の方言とは、比べ物にならない差のようだ。
北と南では、食べるものも、生活習慣も異なる。
本当に多様性の国であり、一言で“インド”を言い表すことは、全くできない国なのである。
このように多様性が一国に混在しながら、インドがインドたる所以は、
一人一人が常に一人称で、自分視点で存在しているからであると思う。
この国の人たちは、まず自分であり、後にも先にも人の事など気にしているそぶりも見せない。

3

デリーは、慢性的にひどい渋滞で、通勤ラッシュ時は、
いつもの2倍以上の時間がかかったりするほど、毎日が渋滞である。
3~4車線でも、平気で4~6車線で走り、他のクルマ、バイク、歩行者お構いなしに車線を変え、
左右に曲がりながら、ぶつかる事無く、皆で阿吽の呼吸で歩調を合わせ進むのである。
こんな状況でも、ほとんど事故が起こらず、皆が進んでいくのは、本当に凄い。
うしろからクラクションを鳴らしまくり、自分の存在を誇示しながらも、
前にいるクルマは、そんなクラクションなど全く気にしない。
皆が前しか見ておらず(実際サイドミラーやバックミラーで後ろを確認することは、極端に少ない)、
後ろの事は気にすることなく、前方のモノにぶつからず進むことに専念している。
皆が歩調を合わせながら、前の人にさえぶつからなければ、事故は起きないというのが、基本的な考え方である。

4

今回はオールドデリーにも行く事ができた。
ここはまた他の場所とは一線を画する、すごい場所であった。
ここに訪れてから、ニューデリー市街に戻ると、
なんと近代的な街なのかと思えてしまうほど、混沌とした空気が流れている場所であった。
しかし、そのオールドデリーでも、インド人のとてつもなくエネルギッシュなパワーを感じた。
絶対日本人では生き延びれないような空気、環境、生活の営みの中で、
人も犬も牛も何もかもが、生き延びようと1歩ずつ歩みを進めている。
激しい主張はないが、生き延びようという意思をとても感じた。
身なりはボロボロでも、生気を失っている人はおらず、背筋を伸ばして颯爽と歩いているのである。
けれども、そんな生命力溢れる、エネルギッシュな国でありながら、国民は運命を信じ、
明日死んでも、それが運命ならしょうがないという考え方なのだそうだ。実に面白い国だと思う。
そこにインド人のメンタリティの強さがあるのだろう。

1

5

多様性とエネルギーに満ちた国“インド”であるが、国民もここ数年の急激な進歩、
グローバル化を感じながら、躍進している。
そして日本の高度成長期に似ている部分と、さらに貧富の差が街の至る所で見られる状況が、
この国のエネルギッシュな様相を加速させている気がする。

6

ZARAやH&M,GAPなどのグローバルSPAが、若く成功している人々の間で着られ、
洒落たレストランで、カップルがお酒や食事を楽しんでいる。
そんな彼らも時にはインドの伝統衣装のサリーを身に纏い、オシャレを楽しんだりと、
グローバルな嗜好と自分たちルーツを愛する気持ちを、どちらも忘れず持ち続けている。
外国かぶれではなく、自分たちのアイデンティティは強く持ちながら、
そこに外国からの洗練されたエッセンスを取り入れるといった感じなのである。

7

8

今回、急激に成長するインドの真の姿に触れ、多様性の中で強く突き進む、この国のポテンシャルを強く感じた。
今後もインド市場に注目しつつ、刻々の変化をお伝えしたいと思う。

10

(文責&写真:兵頭)

PAGE TOP