MENUCLOSE

NEWSお知らせ

2016年10月27日

THINK DESIGN、「インド・ベストデザインスタジオ大賞」を受賞!

弊社のインド・デリーのパートナー、
ハリ・キシャン・ナランが代表を務める「Think Design」が、
今年の「インド・ベストデザインスタジオ大賞」
(India’s Best Design Studio Awards)を受賞しました。

本大賞はインド国内の大手デザイン関連雑誌POOL MAGAZINEが主催したものであり、
多数のインド国内のデザインスタジオの中から、経営の透明性が高く、
且つ最もデザイン・ビジネスに成功したデザインスタジオを決める大賞です。

今回はこの栄誉ある受賞を記念して、ハリさんに取材をしてみました。

2016-09-02

■受賞できた理由は何だと思いますか?
今回の大賞は業績、ビジネスプロセス、会社としての透明性等を含む、
ビジネスの観点からデザインスタジオを評価する賞でした。

私達は短期間でインドで最も大きいデザインスタジオの一つに成長し、
4つの拠点に100人以上のスタッフが所属するようになりました。

私達は独自のプロセスと先端的な手法を有しており、
それに加えて長年かけて構築した組織体系や、経営の透明性、企業としての信頼を得たことが主な理由だと考えています。

■今回の大賞について、どう思いますか?
今回、初めてインド・ベストデザインスタジオ大賞が設けられたことは、インドにとって非常に重要な第一歩だと思います。

私はデザインそのものがどうこうというだけでなく、
「ビジネスの視点で考えるデザイン」というコンセプトがとても好きです。
普段我々は「良いデザインは良いビジネスを運んでくれる」という言葉を良く使うのですが、
まずはこの言葉をビジネスモデルや、何かしら見える形で収益に反映すべきです。

今回、審査員を務めた方々は、世界各地の著名な専門家ばかりであり、
これ以上ない受賞の公平性が保証されたと思います。

■受賞された感想はいかがですか?
一番いいタイミングで受賞できたと思います。
元々、我が社の活動をグローバルに展開し始めようとした矢先での受賞でしたから。
メンバー全員の情熱のおかげで、本当に沢山の良いモノを生み出せたと思います。
創立者として、私はこの様な素敵な賞を頂けた
ことを大変有難く思っております。

award-in-studio
…今回我々は、インドのデザインスタジオにとって、
この「インド・ベストデザインスタジオ大賞」が
大変特別な賞であることを知ることができました。

また、作品単位では沢山のデザイン賞がある日本ですが、
この様にスタジオや企業単位で包括的な評価を行う賞はあまりなく、
今後日本国内でもこういった取り組みに期待したいところです。

そして、私(白濱)は、
インドでは、もはやデザインはアートやアカデミズム、そしてビジネスの横断した領域に連動しているのではなく、デザイン=ビジネスとして、経済原理の中で発展していることを、つくづく感じました。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
トリニティの大食い担当、白濱からのレポートでした。

2016年10月25日

CEATECに垣間見る、IoT社会の足音

先日、幕張メッセで開催された、CEATECに足を運んだ。今回は、自分が見た範囲での私見を述べたいと思う。

忙しい業務の合間を縫って会場入りしたトリニティメンバーは、メンバーごとに散らばって会場を責めることに。
私が担当としたのは、特別展示のエリアだ。

ここは比較的小規模の、ベンチャーマインド溢れる新興企業が中心にエリアであったので、他のブースに比べると随分異質かもしれない。

Hackという文字や、Hackathonと書かれたTシャツを着たスタッフの人たちの姿が目立つ。Hack-a-thonとはご存じの方も多いと思うが、Hack+Marathonの造語。制限時間内にお題に応じたアイデア出しと、それを実現するプログラムの作成を競い合う競技のことだ。
普段、アイデアソン・ハッカソンのプロジェクトに業務で関わることが多いので、あらためてその関心の高さを実感する一コマだった。
mg_5662re

ブースの入り口近くに用意された商談ブースでは、用意されたテーブルが全て塞がる盛況ぶり。
mg_5670re
このブースの中では少し異質だが、TESLAモーターのブースでは、MODEL S、そしてクロスオーバータイプのMODEL Xの実車が展示。多くの人でにぎわっていた。
mg_5692

続いてPrefered Networksへ。
ここは人工知能の会社だ。深層学習を取り入れた、物流システム用のロボットと、ドローンのデモ。
mg_5718re

大手企業としては、SECOMのブースが印象的だった。
CEATECとSECOMとは、異質な組み合わせのようにも感じたが、ブースを覗いて納得。ホームセキュリティーを行うにあたり、日本最大級のデータセンターを所有しているということ。まさにIoTの先進を行く企業であったのだ!さらには、ホームセキュリティー専用のドローンの紹介もあり。
言われてみればその通りなのだが、すでに私たちの想像以上に、IoTは広まっている。
mg_5749re

また、「豆蔵」ブースでは、家中にセンサーを取り入れて居住者の状況を把握できる、高齢者のための「介護見守りシステム」をデモ。
この分野では、センサリングの技術が大きく花開くことになるだろう。
mg_5757re

他にも思わぬ会社のブースが。
JTBブースには、「narikirispot」と題した大型の液晶モニターが。
試しに近づいてみると、自分の顔が歌舞伎顔になったりする。

リアルタイムで自分の顔を変身させてくれるアプリは最近よく見かけるが、それの大型版という感じ。これは、全国の観光地に置くことを想定しているそうだ。その目的は、デジタル版、よく観光地にある記念写真用の、顔の部分がくりぬいてあって顔を出して撮影する、まさにあれだ。

mg_5833re

観光地を訪れた際、設置されたこの「narikirispot」の前に立つと、その土地にゆかりのあるキャラクターに返信したうえで、この機械のみで記念撮影ができる。撮影したデータは自分のスマートフォンに転送できる。
あの滑稽な「顔出し」記念写真が近い将来なくなってしまうとすれば一抹の寂しさがよぎらなくもないが、こんな些細な場面にも確実にテクノロジーの進化は現れてくる。

しかも、それだけではない。このnarikirispotの真の狙いは、記念撮影を求めて機械の前を通る人たちの性、年代をはじめとする属性情報を収集でき、分析できるところにあった。な、なるほど。実はサービス提供側にビッグデータを入手できるうま味があったとは。
技術的な面白さだけでなく、仕組みとしてよく考えられていると感心した展示だった。

今回、エリア内をあちこち歩いたが、目にする言葉はひたすらに、IoT、AI、ドローンの3つに集約されたかと思う。
今回のCEATECのような展示の場では、ともすればその回ならではの流行のようなものがあり、全体にその流れに乗ることになる場合が多いだろう。今回で言えば上記に挙げたような言葉がまさにそれなのだろうが、しかし、各所を回って感じるのは、AIもIoTもドローンも、そこに私たちが知っている以上の革新性がまだまだ秘められているということだ。

本当にごく近い将来、空を無数のドローンが飛び交い、人間を含む万物がインターネットに接続し、AIが人をも凌駕する。そんな、サイバーパンクの物語のような世界が、空想でなく実現する予感をはっきりと見るものに与えた、個人的にはそんなCEATECでした。

(トリニティ岡村)

mg_5759re

mg_5739re

2016年10月25日

車のサプライヤーのデザイン組織を応援したい「SSD」本格始動!

B2Bビジネスにおいて「デザインの役割」は、日に日に重くなりつつある。
車業界における、カーメーカーへ製品を支給するサプライヤーという業種も然り。
従来は、彼等デザイン部は客先のカーメーカーからのリクエストに対応してくことがミッションであったが、昨今は、カーメーカーに対して、自社の技術力を見える化させ、その上でのB2B2Cのユーザーまでも意識した提案をして行かなければならない。
従来と「つかう筋肉が異なる」のだ。
そこで、このSSD活動がスタートした。2015年のことである。

系列を超えた「日本で初めて」のデザイン勉強会、SSD

312a2dfaf89960b856572c293994113c

SSDとはSuper Supplier by Design Activityの略。
デザインのチカラで、しかも系列を超えて「オールジャパン」で超強いサプライヤーになろう~という熱い想いが込められている。

2年目の今年は、トヨタ系と日産系のサプライヤーが4社集まっての会となった。
概要は、日経デザインでも取り上げられているが、
2時間強にわたる「デザイントレンドのセミナー」を皮切りに半日のワークショップ。
ワークショップでは、トレンドを取り込みながら、4社のミックスのメンバーで
ユーザーターゲットから考えた「1台のクルマ」のデザインを皆で考えようというもの。

aea1783f9df2cdb28529ca86678ca863

熱く、ハードな競合同士(!?)のワークショップの一日!

これによって参加者は、デザイントレンド情報の読み込みかた&取り込み方を学び、
他社との協創やチームビルディングを学び、そしてユーザーターゲットから最終の完成車を考えるシミュレーショションを体験できる。
一言でいうと、今までになかった体験をする。
朝の、参加者の緊張した面持ちと、終了後の(デザインを生業とする仲間としての)笑顔への変化。
この笑顔こそ、イノベーションの生むための、必須となるコンディション(?)。
彼等、彼女たちを見ていると、運営側の私たちも心から嬉しさがこみ上げる。

実は、この企画はトリニティが単独で思いついたわけではなく、
とあるクライアントのカーデザイナーとの会話がきっかけとなっている。

カーデザイナーである彼自身、クルマがサプライヤーに支えられていることも実感し
系列で守り合うことも今後は厳しいことを早くから知る。
そもそも、自社だけが得すべき~という価値観ではなく、デザインの旗振りのもとに日本をどう強くしようか~という発想の持ち主。
それこそ、イノベーティブなデザイナーである。
そんな彼との話の中で「サプライヤーがもっと主張することこそが、日本のカーインダストリーを強くすることだね」と話が合い、即、実行に移した次第。

従来の業界のルールや暗黙知は今、時に不要となる。
しかしそれに縛られることなく、ちょっとした気づきとアクションで「変革の種」を生むこともできる。
イノベーションが叫ばれ、デザイン思考や啓発セミナーが盛んであるが、
イノベーションこそ、日常のちょっとしたことに隠れていることも多い。

トリニティで云えば、新しい弊社の価値変革は、
日々の客先との会話の一片に~ある。

(トリニティ湯浅)

PAGE TOP